大人の歯科矯正の経過は?初めてのブラケット装着しました!歯の痛みは?

30歳からスタートした「大人の歯科矯正」ですがついに念願の矯正装置である「ブラケット」を装着してきました。

はじめたきっかけはこちら

30歳からの大人の歯科矯正はじめました。出っ歯を治す記録

ブラケットとは、歯の矯正をするための固定装置のことです。白や透明色の目立ちにくい色やブラケットが今は主流で目立たないタイプのブラケットを装着しました。製品によって材料が異なっていて、プラスチックやセラミック製などがあります。

プラスチック製のブラケットの装着は痛みは少なかったです。歯が締め付けられる感じがして、装着後から2週間は痛みました。我慢できないわけじゃないけど、噛むときが特に痛かったですね。歯の痛みなどをご報告しますね。

ブラケット装着写真

透明のプラスチック製の装置&白ワイヤーなので目立ってない気がしますね!ギラギラ感少ないです。ぜんぜんギラギラしてない!この白ワイヤーはどうしても剥がれてしまうらしいのですが、少しでも目立たないと嬉しいですね。

装置をつける流れ

まずは歯の表面をクリーニングしていきました。歯磨き粉を専用のクリーニングブラシでウィーンウィーンと清掃。一度すすいでから専用の接着液を塗布してしばらく待ちました。
その間に、前歯の型取りをしました。口を大きく広げるために、器具を唇に広げるようにして装着するのですが、それがごりごり当たって痛い(笑)

我慢しなくても、痛くないように綿をつめられると思うので、痛い場合には正直に痛いですって言ったほうがいいですね。

そしてついにブラケットのプラスチック部分を専用の接着液をつかってつけていきます。先生が鏡で、装着の手順を教えてくれました。歯に対して向きをあわせて、位置は真ん中よりすこし下に張り付けるそうです。

奥歯の一本前までに張り付けて、10分ほど、接着液が乾くまで待ちました。完璧につくまでの間、唾液を吸い取る器具を口に入れてぼーっと待ってました。完璧に、プラスチックがついたらワイヤーを通しました。調整していき仕上げにゴムで固定。合計1時間で上の歯にブラケット装着が終わりました。

最後に歯磨き指導を受けました。歯磨きがしにくいので歯茎の下を重点的に磨くのと、歯間ブラシを使うといいそうです。フッ素のうがい薬を最後にうがいして、終了です。

歯科通いに必須な物

タオル、歯ブラシ、歯磨き粉、リップクリーム
診察の前に、歯磨きしたほうがエチケット的に良いですね。リップクリームがないと、唇が引き伸ばされるので切れ防止につけたほうが絶対いいです。ちょっとだけひりひりします。歯間ブラシは後ほど、買いに行きます。

痛みは?

先生から、2~3日は痛むので痛み止めを飲むなどして対処してください、と言われました。現在は薬を飲むまでは痛みませんが、食事をするときに歯がとギシギシ痛んできます。食べ物がうまく噛めないので、食事が難しいです。サラダの野菜が歯の隙間に引っかかって気持ち悪いです。

食べ物がたくさん歯と装置の間に挟まってしまうので取るのが難しいです。必死に歯ブラシしておりますが、もし歯磨き無しで人と会うときなんかは大変かもしれません。鞄に手鏡と歯ブラシを忍ばせておく必要がありそう。 食事の痛みがさらに強くなるようなら、薬を飲むなどして我慢しようかと思ってます。

一日経った今現在

地味~~に痛み出してきております。特に食事の際に、右三番目が下の歯に当たると「ギャッ!」ってなるぐらい痛いです!食べていない時はそこまでは痛みがないので、食事の摂り方を工夫してみました。

野菜スープをキッチンバサミで細かくして噛みしめないようにして食べたり、温泉卵を飲み込むように食べたりしています。噛むと痛いので今はこれでしのぎます!

装着後、二週間ぐらいは痛みがありました。我慢できなくはないけど痛い!みたいな。2週間後には慣れました(笑)硬い肉、めっちゃ食べてた!人間の体って慣れるんだね!!笑

でもこの痛みがあるから、綺麗になれるはずと思っています!

次の治療の記事はこちら

30歳からの歯科矯正の第1回調整。歯磨きの仕方は?歯肉マッサージのやり方は?

前回の記事はこちら

30歳からの大人の歯科矯正はじめました。出っ歯を治したい!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする