30歳からの大人の歯科矯正12回目 隙間をとじるため前歯を削る

30歳からはじめた大人の歯科矯正ですが早いもので現在32歳になりました。

今回の12回目の調整日では、隙間を閉じるため前歯の幅を削ってきました。

ヤスリみたいな機械で前歯とその隣の歯の両サイドをジャカジャカージャカジャカーと削って

ほんのすこし0.5mmぐらい削って、歯肉の隙間を閉じました。

歯の様子

矯正前

歯並びが悪く、うまく磨けていないので非常に汚い歯。噛み合わせがうまくいっていないので上の歯と下の歯の先端がくっついている状態で全体的に5mmぐらいズレて歪んでいました

現在

正面

もともと歯と歯の隙間がまったくない歯列(隙間がないせいで出っ歯になりました)でしたが、矯正していくうちに、ブラックトライアングルとよばれる、歯の隙間が目立っていました。

赤い丸で囲った場所の隙間をブラックトライアングルといいます

歯の形が長方形に近ければ隙間ができにくいのですが、私の歯は扇状に違い形なので

歯肉がぴったりと閉じずに隙間ができてしまいます。

そのため、ヤスリのような機械で両サイドをほんのすこし削って調整しました。

いきなりたくさん削ってしまうと、知覚過敏になってしまうため少し期間をおいてまた削っていく予定です。

少しヤスリで削ったおかげで、ブラックトライアングルが少し目立たなくなりました。

削って形を整えてた前歯に、ゴムをしばるようにぎゅっとつけて

さらに歯の隙間を減らして、ワイヤーを新しくつけかえてから、奥に引っ込める調整をしてきました。

痛みについて

調整してから3日目まではしばらく痛みがありましたが、キッチンばさみで細かくした食べ物を食べたり

バナナスムージードリンクを作ったりして痛みをしのぎました。

どうしても痛いときは、ロキソニン飲んだりしていますが、今回は飲まないで耐えました。

はじめてのワイヤーつけの時は一週間以上、非常に痛みますが一回つけてからの絞めつけに関しては3日ぐらい痛む程度ですみます。

ワイヤーが引っかかって口内炎になるのも痛いですが、その痛みはそこまでいたくないので我慢しています。

口内炎予防のため、ビタミンや栄養をよく摂るようにしています。

あと、お肉を食べると奥歯の歯肉に詰まって痛いのでよく魚を食べています。

繊維質の多いお肉はワイヤーに引っかかりまくり、歯磨きが大変です。

黄ばみについて

矯正前から、本人は歯磨きをしょっちゅうしていたつもりでしたが、実際は磨き残しが多かったので、現在も黄ばみが目立ちます。

ここ数年は、反省してしっかり磨くようにしていますが黄ばみは取れません。

今の段階では黄ばみは仕方ないものだと割り切って、歯のケアを頑張りたいです。

ですが、矯正が終わったらホワイトニングをする予定です。

費用は2~3万程度かかるかと思いますが、歯磨き+歯間ブラシ+デンタルフロスを毎日しっかり行いつつ、ホワイトニングで白くすることで清潔感を上げたいです。

綺麗な歯並びになって白い歯になって自信をもって笑顔になりたいです!

会計

今回も調整のみで、会計は5400円でした。

大人の歯科矯正で費用はいくらかかるの?金額を公開します!30歳からの大人の矯正について

次回の調整日へ

前回の調整日へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする