30歳からの大人の歯科矯正『11回調整日』上の歯を締めていく段階へ

30歳から矯正をスタートさせて11回目の調整日でした。

上の歯を動かす作業をしているため、下の歯はノータッチです。

下の歯は自然に閉じていっていますが、上歯はワイヤーで締めていかないとなかなか動きませんね。

歯の様子

今回は前歯のみ調整しました。ワイヤーを取り外して、新しいワイヤーに変えました。

前歯からみて3番目の隙間が空いてきたので動いているんだなーと実感します。

前歯を奥に締めていく時にはワイヤーを更に太くするので痛みが強そうです。

調整日から3日間はしばらく歯が痛みます。

前歯が奥に移動するのは、今年中には移動するのでここらからの前歯の変化が楽しみですが、痛みが少し怖いです。

しかし、噛み合わせが良くなって、咀嚼するときに両側の歯でしっかり噛めるようになって非常に嬉しいです。

以前は、歯一本分全体的に歪んでいたので左側でしか噛んでおらず、顔も歪んでいました。

歯並びの悪さからの「食いしばり行為」も現在、ほとんど解消されて

顔の筋肉が非常にリラックスしているな、と変化を感じています。

見た目も変わりますが、健康的な歯並びになれるのは非常に嬉しいです。

会計は?

今回は調整のみでしたので5400円の会計でした。

大人の歯科矯正で費用はいくらかかるの?金額を公開します!30歳からの大人の矯正について

矯正費用は分割していたもののすべて払い終わったため、毎月5400円のみでいいので嬉しいです。

次回の調整日の記事へ

前回の調整日の記事へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする