ミニマリストは物を大切にする。使いきる暮らし


スポンサーリンク

ミニマリストは物を捨てて断捨離を日頃から心がけているのですが

物を大切にしているからこそミニマリストになったような気がします。

ミニマリストになりたくてなったわけではなく、不要な物を減らし心地よい環境を作っていったらいつの間にかミニマリストになっていたという感じです。

ミニマリストは物を大切にするからこそ買い物するときには衝動的ではなく吟味して買います。

その結果、好きなものに囲まれ好きなものをしっかり使いきる暮らしになっています。

洋服は実店舗で試着して買う

ネットでついつい安いから、バーゲンセールのDMが来ていたから、買い物マラソンでポイントがアップするから…

あっ、送料があと少しで無料になるからこれも買っちゃおう。

そして届いたお洋服。試着をしていないのでなんだかイメージと違った、なんて経験を私はしたことがあります。

ネット上では素材の質感などが確かめられません。

私がネットの買い物で失敗したのはチクチクするニットを買ってしまいとてもじゃないから着られない物だったとき。

試着してみたけど首もとが痛くて痒くて着られないぐらい品質の悪いものでした。

他にも安いからといって買ったパンツは数回洗ったら毛玉だらけになったとか。

若干サイズが合わなかったこともあります。

何回もネットの買い物で失敗したので最近は実店舗で必ず試着をしてから買っています。

触って確かめてチクチクしたりキツかったり、ごわごわしたりするか素材のチェックも必ずしています。

衝動的に買ったものは、案の定タンスの肥やしになりました。

一度も腕を通さず無駄になった服。

物を大切にしていないなぁと思いました。

気にいった素材で着心地もよくてデザインも良ければセールじゃなくても買います。

そしてその服は日頃から着倒します。


スポンサーリンク

日常生活でどんどんお気に入りのお洋服を着てちゃんと使うことが[物を大切にする]ことに繋がるのではないかと思っています。

H&Mは毎年12トンの売れ残り衣類を焼却処分

先日、ヤフーニュースに気になる記事がありました。

デンマークのテレビ局TV2の番組は、スウェーデンの大手ファッションブランド「H&M」が、2013年から毎年12トンほどの売れ残りの衣類を焼却処分していると報道がありました。

H&Mはファストファッションで有名なアパレルブランドです。

私も昔買ったことがありますがとても安くて流行りのデザインが多く見た目はおしゃれ。

ただサイズが微妙に日本人向けに作られていない感じがしました。素材もあまり良い感じはしませんでした。

安いから仕方ないんでしょうが数回洗濯するとヨレヨレになる事が多かったです。

デザインが流行を意識しているので来年には着られないものが多いのと奇抜なデザインの衣類が売れ残っているイメージがあります。

セールの時には破格でその奇抜な売れ残りの洋服たちが陳列されているのですがこれは誰も買わないだろうというデザインのものは売れ残っていました。

売れ残りは焼却処分されているというニュースでした。

https://news.yahoo.co.jp/byline/abumiasaki/20171016-00076970/

古着などはリサイクルする、不要な物は買わないといった生活が今の時代には必要なのかなぁと思いました。

お気に入りの物を選ぼう

本当に必要なのかよく考えて買って、たくさん使う。ミニマリストは物を大切にしたい気持ちが強い方が多いような感じがします。

今まではホームセンターなどで適当に選んでいた日用品なども無印良品などで選ぶようにしたりシンプルで飽きない物を選ぶようになりました。

ガンガン使って壊れたときには嬉しさを感じます。ちゃんと使えたなら良かったよね、と。

まとめ

お気に入りに囲まれた生活はとても心地いいよ


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする