掃除が楽になる!キッチンマットやトイレマット、カーペットを断捨離したメリットとデメリットは?

断捨離を始めて2年・・・さまざまなモノを断捨離してきましたが、なかでもカーペット、キッチンマット、絨毯、トイレマット、トイレカバーなどの敷物系は断捨離して良かったです。

断捨離してみると、「いると思っていた」という固定概念が打ち砕かれます。

生まれた時から当然のように部屋にあったモノは「いらない」と認識することができません。

あって当たり前。捨ててしまったら困ると、当然のように捨てられない物だと思い込んでしまいますが、キッチンマットなどのマット系を捨てると「ハウスダストの汚れが減る」「掃除が楽になる」という最大のメリットがあります。

掃除が大変、ならばマット系は断捨離してしまいましょう。家事がとても楽になるので、マット系は断捨離するのが良いですよ。

マットを断捨離したメリット

我が家では「キッチンマット・ジョイントマット・トイレマット・トイレカバー・絨毯・カーペット」は敷いておりません。

以前、ジョイントマットを部屋に敷き詰めていましたが、床とジョイントマットの間に埃や食べかすが溜まり非常に汚い状況になったため思い切ってマット系は除去しました。

↓ジョイントマットを丸洗いした時の記事はこちら

ジョイントマットの汚れのお掃除のやり方は?下に埃やカビ、汚れが溜まってた!

すると、不便どころか掃除がとても楽になりました。

今までは、マットを丸洗いするために、洗濯機を一日に何回も回してお洗濯したり、乾きにくいマットを一日干していたりして手間がとてもかかっていました。

マット系は厚みがあるものが多いので、汚れが絡みついて離れないことが多く、洗濯しても洗い落とせなかったり、脂汚れなどが埃と合わさりべたべたしてきたり、埃が取れなくなったり、見た目も良くない状態になります。

マットが汚れればまた新しいものを買うお金がかかります。

でも汚れが目立つので、手間をかけて洗濯して干して・・・という家事が増えてストレスマックスでした。

実際にマットをすべて断捨離してみたらどうなる?

いっそのことすべてのマット系を断捨離してみたらどうなるのか、と思い立ち実行してみました。

結果は、埃が減る、掃除は楽になる、お金はかからない、お掃除ロボット「ルンバ」はすいすい動く、変な臭いが減った、と良い事とだらけでした。

どうして必要だと思い込んでいたんだろう?といまは不思議でしょうがないぐらい快適ですよ。

室内にマットがなくても困らないので、ぜひ掃除を楽にしたい方はマットの断捨離をしてみてください。

家事を楽にする家電「ルンバ」を使ってみた記事はこちら

便利で楽チン!「ルンバ」で毎日のお掃除が楽になりました

キッチンマットの断捨離とお掃除は?

キッチンマットは非常に汚れやすいマットで、飛び散った油や汚れ、食べ物のゴミなどが絡み合って汚れがべたべたになっていきます。

そうなると洗濯しても汚れが取れなくなってしまいには捨てる羽目になったり。

キッチンマットは大きいものは洗えなかったり、洗えても厚みのせいで洗濯も大変だしなかなか乾かない・・・天気が悪ければ洗えなかったりで匂いも気になってきますよね。

キッチンマットは断捨離して頑固な汚れとおさらばしちゃいましょう。

キッチン床のお掃除のやり方

脂汚れはマットにしみこませるより、床を直接雑巾でふき取るほうが楽です。

調理中の食材のゴミも雑巾でふき取ればすぐ取れますし、水拭きで十分汚れは取れますよ。

どうしても頑固な汚れはクイックルワイパーなどのフローリング専用のモップを使って汚れを取ってください。

べたべたのキッチンマットの洗濯や乾かす手間は大変なので、すっきりさわやかにキッチンマットとサヨナラして家事を楽にしましょう。

キッチンの壁の頑固な汚れを落とす方法は?

もし頑固な汚れが気になるならセスキ炭酸ソーダがよく汚れが取れます。

お掃除のやり方は、セスキを溶かしたお水を作ってからスプレーして雑巾で拭くだけ。

セスキ水は200mlのに水にセスキ小さじ1ほど入れて作りますが、本当に汚れが落ちます!

換気扇の掃除の掃除方法はこちら

一発で頑固な油汚れがするっと取れちゃう!「換気扇の油汚れ」を一瞬で取るお掃除方法

カーペットの断捨離とお掃除は?

カーペットやジョイントマットがないだけで部屋に埃や汚れがぐっと減ります

カーペットの繊維と繊維の間に撮れない塵や埃、こぼれた飲み物や食べかす、カビ、ダニなどが溜まってなかなか取れないんですよね。

ハウスダストアレルギー持ちなので、カーペットがないだけで鼻炎がぐっと収まります。

お掃除ロボットルンバは凹凸が無い部屋に適しているのですが、マットがないとすらすら掃除してくれるので、自分で掃除機をかけなくてOK!

平日は掃除機かけしなくていい部屋作りは、忙しいママなどの時短家事テクニックに使えますよ。

フローリングの掃除のやり方

ダイレクトに床に汚れが飛び散ったりしますので「水拭き」が必要です。床はマットを敷いても敷いていなくても当然汚れます。

でもフローリングにしゃがんで雑巾掛けするのは大変。

そこでクイックルワイパーのクロスバージョンでお掃除しています。

床はクロスを水に濡らしてしっかり固めに絞ってセットしてワイパーで拭いて掃除しています。

クロスは水で洗ってから絞れば何回も使えるので経済的ですし、床の汚れが目に見えることでお掃除しようという気になれます。

トイレマットの断捨離とお掃除のやり方は?

トイレマットは汚れがアンモニア系で普通の洗濯物と一緒に洗えないので別々に洗う手間と乾かす時間が本当に大変!!

ほっておくと嫌な臭いの原因となるのでなるべく綺麗なトイレにしたいですよね。

トイレマットを断捨離するのは臭い防止効果がとても高いです。

トイレマットやトイレカバーを捨てれば、床の汚れをさっと拭き掃除だけでお掃除完了できます!

布に染み込んだ嫌な臭いが無くなりますので、匂いがこもりにくくなります。

トイレ掃除のやり方は?

トイレマットや、トイレカバーをすべて断捨離したあとのお掃除のやり方をご紹介します。

イレのふき取りクリーナーをティッシュペーパーに吹き付けて、便器や床を拭いてお掃除すると綺麗になります。

デメリットは?

床が硬く感じる

 
床に直に座ると痛いので、クッションを敷いて座るのをおすすめします。

もしくはソファーや椅子生活になると思います。

ダニや埃が起きにくいソファーの選び方はこちら
失敗無し!ソファーの選び方は?合皮か皮製がオススメです

我が家ではソファーを置く広さのリビングではないため、クッションを敷いて生活しています。子どもは子ども用のミニチェアを使っています。

冬が寒い

マット類がないと、夏はとても快適です。
ですが、真冬になると床が冷えるため冬が薄手のマットを一枚だけ敷いています。
冬にはこたつを出すので、こたつの下にはラグ一枚だけ敷く感じですね。さすがに冬は寒い。
 
寒いためマットを敷いていますが、埃やゴミが溜まるのでマメに洗濯はかかせません。
冬の間は臨機応変に、マットを利用するのがいいのかな、と思います。
 

マットが無いと掃除が楽になる!

家事が非常に楽になりますので、マット系は断捨離するのをおすすめ!一気に掃除が楽になりますよ。

関連記事

ハウスダストアレルギーが起きなくなる!冬でもマット無し生活をしてみたら快適!子どもの食べこぼし対策は?

埃やダニが発生しにくい理想的な部屋はフローリング!カーペットと畳の掃除方法は?

ハウスダスト・ダニの対策は?布団乾燥機と掃除機を使った、お掃除方法

ハウスダストやダニアレルギーから解放され安眠できる方法!防ダニシーツを使った感想は?効果は?

便利で楽チン!「ルンバ」で毎日のお掃除が楽になりました

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする