福袋買うの辞めてみました。お正月のショッピングモールに行かない選択

辞めてみたシリーズ「福袋」編

毎年買っていた福袋、今年は辞めてみました。

お正月にはショッピングセンターへ行き子ども服の福袋を2.3個買っていました。

ですが今年は節約も兼ねて、福袋買うのを辞めてみました。

お正月のショッピングモールの誘惑は凄まじいです。

散財しなくないならショッピングモールへのお出かけを控えたほうがいいです。

去年は福袋を買っていたのに

2017年は収入がガクッと減ったこともありお正月の散財を辞めてみました。

夫が会社を辞める?!その時妻ができる事

去年は、2.3万ほど福袋をまとめて買っていました。

子どもの服の福袋は中身が見えるものならあまり失敗がなくお得な物が多くて良かったんですが

ショッピングモールのお正月ムードにのまれて散財してしまいがち。

欲しいものなら一点一点選んで買うのも良いと思い始めてきました。

まとめて買うよりも、結果的に節約になると思いますし気に入ったデザインや素材のものを厳選して選べるので確実に失敗が少なくなります。

福袋を買わなくても、気に入ったものを選ぶなら後悔も少なくなります。

お正月はショッピングモールに行かない選択肢

お正月ムードにのまれて無駄遣いしなくなるのでショッピングモールに行かないとほとんどお金使わない事に気付きました。

ショッピングモールに行くと、時間があっという間に過ぎていつの間にかお昼になり外食せざるを得なくなります。

混雑しているため移動に疲れてしまってめんどくさくなるんですよね。

福袋を買いに行く=疲れて外食

という散財のループに巻き込まれてしまうので、無駄遣いしたくないならショッピングモールに行かないほうがいいです。

どうしても欲しいなら見える福袋

どうしても福袋が欲しい!

ならば、中身が見えないブラックボックスな福袋よりも「見える」福袋がおすすめです。

見えないものより失敗が格段に少なくなります。

素材やサイズまでは確かめられないけれどデザインや色は確認できるので見てから買うのがオススメです。

まとめ

散財しなくないならお正月のショッピングモールには出かけないほうがいいです。

本当に誘惑が多いのでついついお財布の紐が緩みがち。

中身のわからない福袋を買うなら、実物を一点づつ選んで失敗を避けましょう。

関連記事

年賀状送るのやめてみたら気が楽になった

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする