デキ婚は後悔する?できちゃった婚の結婚式は迷惑?結婚式を挙げることを諦めたら人生が幸せなことがわかった。

私はデキ婚で結婚してから、子供を2人授かり、結婚生活も6年目に入りました。

デキ婚したものの、やっぱり結婚式をしてみたいという願いが消えずここまできてしまいましたが、結論からいいますと、わたしは結婚式やドレスを着ることは諦めました。

見た目にコンプレックスがあり二重してみたり、鼻プロテーゼ手術整形したのも、夫と晴れ着を着て結婚式の写真を撮りたいがために整形してみたほど憧れがありました。

ですが、「結婚6年目でいまさら他人に祝ってもらうことは相当なわがままだな」と思うようになったので、きっぱりと想いを捨てました

諦めを受け入れたら、気持ちがスッと浄化されて楽になりました。

デキ婚は人にすすめられる結婚方法ではありませんし、妊娠出産でタイミングを逃すと結婚式を挙げづらくなります。

デキ婚をしたわたしは結局結婚式をあげませんでしたが、いまは幸せだと思えるのでそれでよかったと思います。

デキ婚は恥ずかしい!?デキ婚は後悔する?

デキ婚はネットでこんな意見を目にします。

・本当に結婚できる保証もなしに妊娠する(させる)人たちって怖くないの? シングルになる可能性だってあるのに避妊なんて簡単な事もできない大人同士、何かあったら理屈より本能派なんだろうなと警戒する

・社内のデキ婚でいきなり産休入られたりするとやっぱり「えっ」て感じにはなった。なんていうか…やっぱり印象はよくない

・子供の人生が関わってくるのに結婚しないで妊娠はどうなんだろ 運よく結婚できたらまだ良いけど、男に逃げられたら大変だよ 長期的な見通しができない無計画で楽観的すぎだと思われても仕方がないよ

・ものには順序がありますから、それを出来なかった事を恥じて下さい。
ご自分から出来たから結婚したなんて事は、絶対に言うべきではありませんし、お子様の事を考えれば、言うべき事ではないと分かって良いものだと思います。

後悔していない、と、恥ずかしいと思っていない、は根本的に違いますし、これが分からないなら、無計画で、避妊をしなかった結果の出来たから結婚。という結論にしかならないでしょうね。

という感じに、9割ぐらいは否定的な意見が多いのが現状です。

デキ婚をした私がいうのもなんですが、女性側にリスクが高い結婚方法なのでなるべくならデキ婚はおすすめしません。

妊娠したらポイっと捨ててしまうような男性もいるので見極めが難しいため、女性は妊娠から逃げることはできないので、リスキーです。

できれば、妊娠する前に結婚してからが望ましいといえます。

デキ婚は後悔する?という問題は、どんな結婚であれ相手をすべて知ることは不可能ですし、大なり小なり、相手に失望したり、しょうがないなあと思う事はだれでもあるでしょう。

致命的な問題(飲む、打つ、買う)があまりにもひどい場合は後悔しかないでしょうが、それでも相手を受け入れているならば問題はないわけで。

どんな結婚でも、喧嘩したり、分かり合えなかったりします。

なので、デキ婚だからといって必ず後悔することは言えないでしょう。

それでもデキ婚したわけ

みなさんからしたら、なぜ避妊しない?すきにセックスして今更結婚式できないなんて嘆いているのか?と滑稽に見えるでしょう。

それでも私がデキ婚したわけを説明してみます。

理由①年齢がちょうどよかったから

私が主人と出会った時は25歳でした。

エキサイトニュース「女性が本当に結婚したい年齢ランキング」によると、26~28歳が結婚に適した年齢であるといえます。

・20歳未満……3%(8人)
・20~22歳……9%(29人)
・23~25歳……31%(98人)
・26~28歳……40%(128人)
・29~31歳……11%(34人)
・32~34歳……3%(11人)
・35~37歳……1%(4人)
・37~39歳……0%(0人)
・40~45歳……1%(2人)
・46~50歳……0%(0人)
・50歳以上……1%(4人)

私の両親も姉も22歳で結婚しているので、私の中の価値観は「結婚は25歳ぐらいまでにしておきたい」という感じでした。

なので25歳の時点で彼氏がいなかったので焦りつつ婚活していましたが、友人の紹介で主人と出会ったときに25歳の後半でした。

年齢的にベストタイミングだと思ったので、避妊に失敗したときに緊急避妊薬を使うのをやめて、子供ができていたら運命なので受け入れよう!と思ったんです。

他人にはオススメできない方法ですが、タイミングが良かったのが一つの理由です。

理由②命を殺すことはできなかった

妊娠しているのがわかってから、デキ婚なので姉と母から反対されました。

いまならまだやり直せると、とアドバイスをもらいましたが、自分のお腹の中で産まれた命を殺すことができなかったし、「がんばって生きてるんだな」と思うと、愛情がわいてとてもとても堕ろすことはできませんでした。

最悪、夫に捨てられてもなんとか自分で育ててみせようとも決意していたため、殺せませんでした。

最悪の場合を考えても、生活ができると判断したので産むことにきめました。

そのあとすぐに夫と結婚することになり、わたしはただ単に運がよかっただけだと思います。

夫の人柄を信用しての事でしたが、自分の勘だよりの運に頼り切りな行動だと思っています。

逃げられて、傷ついて育児放棄にしていた可能性だってあります。

やはりデキ婚はリスクがつきものですので、安易にはオススメはしません。

やむを得ない理由で堕胎するのも、ベストではないけどベターなひとつの道ですし、また育てられず産んだとしても養子縁組をつかって育ててもらうのも一つの手です。

理由③命はお金にかえられないから

妊娠したことを、友人に打ち明けた時に、彼女の口から「お金はいくらでも稼げるけど、命はお金でかえないよ。大丈夫!なんとかなるから!」

って言ってもらって励まされました。

当時、(まったく知らなかったのですが)その友人は結婚してからずっと不妊治療をしており、その当時も治療中で、大変な時期にわたしを励ましてくれたんです。

不妊治療をしているけど、お金をいくら払っても命は買えないから、産みたいなら産んだほうがいい!

と励ましてくれました。

私は、うしろを押してもらえて、本当にありがたかったと思っています。

その彼女にも今はかわいい女の子が産まれて、マイホームも建てて旦那さんとしあわせに暮らしています。

デキ婚してみた結果

デキ婚してみた結果、大切だと思ったことは「大切なことをお互い話しあうこと」ということ、そして「どんな結婚方法であれ自分自身がしあわせを感じられること」です。

借金の有無、宗教について、お金の価値観、あたりは確認しておきましょう!

なんでも話せる、話し合える関係が大切ですよね。

デキ婚でも、両親が仲良く暮らしていれば子どもは幸せです。

私の両親はデキ婚ではありませんでしたが、喧嘩ばかりで子ども時代はかなしい思いをしていたので、

どんな結婚方法であれ、家族が仲良く平和に暮らせることが一番いいですね。

デキ婚してからの結婚式は迷惑?

デキ婚してからの結婚式をする場合、一度お祝いを贈っている人にとっては2回お祝いを渡すことになるので、迷惑と思われても仕方ないと思います。

ご祝儀要らないから、と言われても気を遣いますよね。

結婚式は、子供が産まれる前に執り行うのが一般的で、純真無垢な白無垢やドレスなども誰の色にも染まっていない神聖さがあります。

デキ婚してからわたしはすでに子どもも2人いて、結婚6年目。

いま結婚式を挙げて親族を呼んだとしても、なにを話せばいいかわからないし、親族からしても今更感をすごく感じるだろうし、ご祝儀狙い(と思っていなくてもそうなってしまうだろう)で結婚式に来てもらうのは恥ずかしいかなと思うようになりました。

時間もお金もつかって自分たちをお祝いしてもらうのは、あまりにもわがままかと。

なので、きっぱりと結婚式の夢、諦めました。

結婚式はしなくても、ドレス着て写真だけ残そうかと思ったんですが、それもコスプレだと思ったんですよね。

時が過ぎすぎたのかもしれません。

でもけっしてマイナスな諦め方ではなくて、受け入れた感じです。

2人の子どもに幸運に恵まれて、夫とも一緒に生活できて、わたしはしあわせだな、と思ったらもう結婚式にこだわる必要ってないなーと思えたので受け入れられました。

わたしの人生、これでよかったんだと思えました。

ドレスは諦めたけれど、それとは別に思い出をのこすために、家族写真を撮ってみようかなと思っています。

こっちのほうが、今のおかあさんになった私らしい。

しあわせはいつもそばにあったのかも。

デキ婚でもしあわせになろう

デキ婚は世間的にみたら、批判されるかもしれませんが「他人からどうみられても、自分がしあわせだと思えること」のほうが大切です。

わたしは、子どもがいる喜びを知れたのでデキ婚したことは後悔していません。

ですが、安易にデキ婚は勧められないので、みなさんは結婚前に「お互いをよく知ること」に気を付けてくださいね。

どんな生き方でも、じぶんがしあわせになるように生きていきましょうね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする