パートでいじめられてつらい時。耐えられないなら辞めてもいい2つの理由

どうしていじめはあるんでしょう。私も、前のパートでいじめられました。無視、仕事を押し付けて噂話をされる、さぼっていると濡れ衣を着させられる、悪口を言われる等。その人とうまくやろうが、相手は知ったことはないです。かえって、舐められて、余計ヒートアップすることも。どうしていじめは辞められないのでしょうか?なぜなら、いじめる人はいじめることで快楽を得ているから。いじめられてつらい時には仕事をすぐに辞めてもいい理由を実体験からご紹介します。

スポンサーリンク

いじめると快楽?

脳内麻薬と呼ばれるドーパミンは、楽しいときや、良いことをしているとき、恋をしているとき、喜びの感情により生まれます。ドーパミンは精神的な刺激でも放出されます。例えば、意欲が出ているとき、誉められて気分が爽快のとき、感動しているときなどにも多量に分泌されます。そして、「自分は正しいことをしている」という快感を得るときにも脳内にはドーパミンが出てきます。

いじめをする側は「相手は間違っているから私が正してあげよう」という心理が働きます。自分が正しいので、相手を正す。という気持ちから「自分は正しいことをしている」と思い込みで人を批判したり、責め立てたり、孤立させたりします。

「正そう」という欲求が満たされたときに脳内麻薬「ドーパミン」がでて快楽が得られます。
一度、覚えた快楽は人は忘れることができないので、いじめの加害者はいじめを繰り返す傾向があります。

鬱になってからじゃ再起が困難

私もひどくいじめられてしまい、上司と面談したり、改善を求めましたがあまり効果はありませんでした。そのいじめる人は、余計ヒートアップして攻撃してきたので、やっぱり逃げるのが一番いいです。

無理して頑張っていると病んできます。実際鬱も悪化してしまい、しばらく引きこもりのような状態になってしまいました。そうなるまで我慢しても、いじめる人間は喜ぶだけです。
自分のことを守るのが大切です。相手に改善がみられない、会社も対応してくれないと思ったら早めに見限るのがいいです。自分の体が動けなくなったら次の仕事を探す気力がなくなってしまいます。

軽症のうちに、次のステップへ進んだほうがいいです。そういう環境が悪い職場の未来は明るくないです。人手不足になって困るのはその会社なので、心のダメージが深くなる前に逃げましょう!逃げるが勝ちっていいますからね。

パートはいくらでもある

私はいじめに耐えられなくて辞めちゃったんですが、パートって意外とあります。辞めてから次の職場で、またいじめられないかドキドキしていましたが、今回の職場ではいじめはありませんでした。よかった~!!無理して続けてどんどん病んでいくところだったので、現状に気づいて対処できてよかったと思います。環境がよければ、心の負担がまったく違います。

いじめられて鬱病になってしまったり、体調が悪化したら、だれがあなたを守ってくれるのか一度考えてみましょう。頑張りすぎて、傷ついてしまったら起き上がるまでに時間もかかりますし、何より心がつらいですよね。かすり傷のうちに、方向転換しましょう。本当はいじめた側のほうが、本当の意味で心が不幸な人なんですよ。心が貧しいって長期的にみても体も心も健全ではなくなります。自分の体と心を守りましょう。頑張りすぎないで、一番大切なのはご自分の心と体です。自分を一番大切にしていいんです。

関連記事【悩みに対する処方箋。前向きになる3つのステップとは?】


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする