固定費削減に格安スマホは必須!?私が楽天モバイルをおすすめする2つの理由とarrows M03の紹介

家計の支出を減らすには固定費を削減するのが一番効果的です。いま、格安スマホに変える人が増えています。

私も「楽天モバイル」の格安スマホとガラケーの二台持ちをしています。

夫と私のスマホ2台とガラケーの2台合わせて、月に5千円程度で収まっています。

通信費に一万以上かける人が多い中、かなり抑えられているほうですよね。

格安スマホのメーカーはたくさんあるのですが、私が楽天モバイルをおすすめする理由を大きく2点ご紹介しますね。


月々のお支払いがお得

携帯キャリア(docomo等)に比べて料金がとても安いです。

しかも5分かけ放題プランが新登場し、通話代が気になる方でも何回でも5分ならかけ放題。ちょっとした用事で電話する人にはうってつけですね。

850円でかけ放題なら絶対お得です。

〇プラン1
通話料(5分かけ放題)850円+5GBプラン2,150円=3000円

家にwi-fiがある人なら5GBあれば十分かと思います。動画、音楽、ゲームをたくさんしたい人ならそれ以上のデータ容量が必要だと思います。LINE、ネットサーフィン程度なら5GBでも十分です。

楽天スーパーポイントで支払いできる&貯まる

普段のお買い物に楽天カードを使っている方には「楽天モバイル」の支払いに楽天ポイントが使えます。

固定費の支払いだけで何万にもなるのでカードを利用してポイントを貯めれば、携帯代を浮かせることも可能です。

利用でもポイントがたまりますので、楽天ユーザーにはおすすめです。

期間限定ポイントでも支払ってくれるので、期間限定でなにも買い物が無い時には、ポイントが無駄にならないのでいいですよ。

ポイントサイト等で貯めたポイントも、楽天ポイントに換金できるのでそれで携帯代の支払いに充てることもできます。

我が家はなるべくクレジットカードで支払い、ポイントを貯めることで800ポイント程度毎月溜まっているので1台分のスマホ代がほぼ賄えております。

参考に我が家のプラン

ガラケーがソフトバンク2台(話し放題月2200円税抜×2台)

楽天モバイルはデータsimプラン2台(月1,020円×2)を契約しています。

スマホ本体はsimフリー端末をAmazonで一括で購入しました。

端末は「arrows M03」


公式サイトから引用

耐久性を備えたボディ

米MIL規格に準拠した防水・防塵仕様でキッチンやお風呂はもちろん、山や海などアウトドアでもガンガン使えます!

様々なシーンで使えるので頼もしいですね。キズを防いで、画面の美しさを保つ丈夫Corning Gorilla Glass 3を採用しています。

耐久性を備え、ラフな扱いにも耐えます。スマホは落としやすいのでタフなボディなのがうれしいですね。

高級感を演出するメタルフレーム

公式サイトより引用

メタルフレーム採用の美しいボディが特徴。見た目が何よりもきれいですね。滑らかで艶のある背面パネルも魅力です。薄くて持ちやすく飽きのこない上質なデザインです。色もシャンパンゴールド、ブラック、ホワイト、ピンクの4色。シャンパンゴールドは楽天モバイル限定色になります。色が豊富なのも選ぶ楽しさがありますよね。シンプルなデザインなので飽きがきません。

生活に便利な機能をきちんと搭載

2,580mAhのバッテリーと省電力設計で3日を超える電池もちを実現し、旅行期間も安心して使えます。実際は1日はしっかりと充電が持つ感じです。まったく触らなければ2日は充電が持ちますよ。
耐衝撃、防水防塵、ワンセグ、おサイフケータイ、VoLTEなどしっかり対応。使い慣れた機能はどんなシーンでも活躍します。
おサイフケータイは使ってる人には必須ですよね。ほかのsimフリースマホにはない機能が備わっています。

「arrows M03」の端末スペック

プラットフォーム Android 6.0
液晶ディスプレイ/解像度 約5.0インチ HD(1,280×720ドット) IPS液晶
メインメモリ 2GB
記録装置 16GB
Webカメラ アウトカメラ:1,310万画素
インカメラ:500万画素
バッテリー容量 2,580 mAh
質量 約141g
SIMサイズ nano SIM
外部接続端子 USB マイクロBコネクタ

画質は超高画質!っとはいいきれませんがそこそこ綺麗ですよ。普通に撮る分には綺麗に映りますし、荒い画像だとは思いません。1,310万画素なので悪くないスペックです。SIMカードは「nano SIM」なので楽天モバイルを契約する際には必ず「nano SIM」で選択してくださいね。

楽天でんわで通話代削減しよう

ガラケーとスマホを二台持ちをしていますがガラケー自体はオークションで中古で購入してからSoftbankに持ち込み「通話し放題プラン」に加入しました。

もっと安いプランはありますが通話が多い人には話し放題のほうが安くなりますね。

夫と私のガラケーは家族通話なので24時間無料で会話できます。

ガラケーと二台持ちじゃなくても、楽天モバイルが提供している「楽天でんわ」同士ならアプリを使って無料通話リストに登録すれば無料通話できますよ。

楽天でんわはガラケーでも使えます。楽天でんわの利用登録後、ご利用のケータイで発信する際に相手の番号の前に「0037-68-」を入力すれば使えます。

通話代が超安くなるのでガラケーでもスマホでも使わない手はありませんね!

通話プランの「5分かけ放題」があれば事足りるよって方は、楽天モバイルなら費用を抑えられますね。今は格安スマホでもいいプランがたくさん出てるので最新のプランを検討したほうがいいです。

格安スマホの注意点は?

SIMカードのサイズを間違えない事

 
間違えると再発行はお金がかかりますのでご注意です。
間違えたからといってSIMカードの返品交換はできません。
再度発行手数料がかかりますので、しっかり確認してから契約してください。

解約する際にはSIMカードを返却する

もう使わなくなったから解約しよう!SIMカードは捨てちゃった!

 
実はSIMカードは返却義務があるので、解約する際には郵送で返却しましょう。
 
私が以前解約した時には、紛失防止のため小さな紙にテープで張り付けてから一番小さい封筒に入れて普通郵便で返送しましたよ。
 
返却する際には、一番安い郵便書簡(ミニレター)なら62円で郵送できます。
 
捨ててしまうと違約金を払う可能性がありますのでけっして捨てないようにしましょう。

解約は電話のみ

一度、SIMカードを解約したのですが楽天モバイルの場合電話のみの受付となります。

 
つながるまでに45分ぐらいかかった記憶があります。平日の午前中が解約するにはおすすめですね。
 
つながればすぐに解約できるのでそこは安心してください。
 
引き止められたりは一切ありませんでしたよ。

店舗での受付が出来ない・自分で設定する

楽天モバイルの店舗が近くにない場合、メールまたはサポートセンターでの受付となります。

 
自分で設定しなくてはいけないので、スマホに慣れていない方は難しいと感じるかもしれません。

設定は同梱の冊子がついているので、インターネット接続設定(APN設定)の手順書に従って設定すれば大丈夫です。

丁寧に説明された冊子があるので、それを見ながら設定していくだけなのでそこまで難しくはありませんよ。
 
ですが、スマホの設定は難しい!絶対やりたくない!って方には格安スマホは避けたほうが無難ですね。
 

動作確認端末をしっかり確認

せっかく買ったスマホでも、楽天モバイルの接続ができなかったら大変です。

 
スマホ自体がSIMフリー端末なのかよく確認しましょう。
 
DocomoのスマホならほとんどSIMフリーに対応していますがソフトバンクのスマホではSIMフリーじゃなかったりします。(現在は対応しているのもあるかもしれません)
 
私も手持ちのソフトバンクの中古スマホで楽天モバイルを利用したかったのですが、残念ながらできませんでした。
SIMフリー端末なのか、SIMカードのサイズはあっているかのチェックは必ず行ってから契約しましょうね。
 
特にSIMカードのサイズを間違うと致命的です。
 
サイズ変更は再発行手数料がかかるのでよくチェックしてから購入しましょう。

SIMカードのサイズについて


SIMカード

(左標準SIM・真ん中Micro Sim・右nano SIM)
 
SIMカードには3つのサイズが主に主流となっています。
最新のスマホはnanoSIMが多いですね。

SIMフリー端末に合ったサイズのSIMカードを契約することが大切です。

 
事前にしっかりと確認してから、スマホにあったサイズのSIMカードを手に入れましょう。
購入したSIMフリースマホに自分でカードを挿入します。
 
だいたいはピンが付属しているのですが無い場合はこういうピンを用意してください。
amazonで販売しています。
 

まとめ

 
我が家は月の携帯代が1万円から5千円と50%削減することができました。
固定費の削減は節約に効果大なので、ぜひ挑戦してみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする