【DIY】ダイソーの靴底すべり止めパッドを使って自分で靴底を修理してみました。

自分でやってみるDIYシリーズ。今回は、気に入っていた靴が滑りやすくなってしまったので自分で靴底を修理してみました。修理につかったものはダイソーで手に入れた、靴の修理屋さん「靴底すべり止めパッド」です。5分もかからず滑り止め補修ができたので、やり方を書きますね。またお気に入りの靴が履けるようになって嬉しいです!

スポンサーリンク

用意したもの

①靴底すべり止めパッド(ダイソー)
②接着剤(ホームセンター)


計200円で揃えました。セメダインの接着剤はホームセンターで100円程度で買えました。一回分で使い切れる量です。

やり方

①ダイソーの靴底すべり止めパッドの付属やすりで凹凸をなくす
②パッドにボンドを塗る
③靴底に密着させて張り付ける

今回修理したものはTOMSのフラットな靴底のシューズ。履いているうちに凹凸がなくなってきて、お店の床などがつるつる滑って危ないので急遽、修理しました。

かなり滑りやすく危険。雨の日は絶対履けないぐらい滑るようになってしまいました。

やすりかけがあまりうまくいかず、平らにならなかったため諦めてボンドで付ける。その際にボンドの蓋を締めずに開封したためおもいっきりボンドをこぼしてしまって手や床に瞬間接着剤がついてしまうミスを犯す(笑)と、取れない(涙)新聞紙など敷いてやったほうがよかったですね。大失敗。

接着剤が協力なので(さすがセメダイン)がっちり接着できました。


接着した状態。見た目はほどんどわからないですよね。靴底は黒に合わせたので違和感なしです。

履いてみた感想

つるつるすべって危険な状態だったのですが、ダイソーのすべり止めパッドのおかげで滑らないし、抵抗力が増えて歩きやすくなりました。5分とかからずすぐ修理できたし、なにより200円で危険が減るならやっておいて損はないですね。気に入っていた靴なのでまた履けるようになって嬉しいですね。

関連記事



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする