子供連れでも楽しめる!潮干狩りの持ち物リストとおすすめの服装

GWに、潮干狩り行ってきました。

向かった場所は、無料の潮干狩りスポット。晴天でそれほど風も強くなかったので潮干狩りで楽しむ人たちで賑わっていましたよ!

子供連れでも楽しめる潮干狩りですがなにを持っていったらよいの?服装は?と行ったことがない方に、スムーズに用意できる必要なものリストをご紹介します。

熊手

貝を掘るための熊手です。ホームセンターなどで購入できます。手でも掘れますが、疲れてきますので、できればあったほうがいいです。

子どものおもちゃ

子供には、おもちゃの熊手やスコップ、プラスチック製のバケツなどのおもちゃを持っていくと砂で遊べて喜びますよ♪

ネット製のバッグに入れておけば持ち運びしやすいですね。ネットは100均に売っているもので十分だと思います。

網、バケツ

取った貝を入れるためのバケツです。網に貝を入れて持ち帰ってもOKです。バケツですと、取った貝を砂抜きするためにきれいな海水を入れられるので便利だと思います♪

どうしても用意できなければビニール袋だけでもOKですよ♪かさばらないのがいいですね。

帰りに海水をちょっと入れておくと、捕れたはまぐりが死なないので入れておきましょう。

着替え・バスタオル

海で遊んだ後、ぬれた服装で帰るのはとっても冷えますのでお着替えは必須です。

水着で遊んで、帰りは着替えて帰るのがベストだと思います。

そのほかにもバスタオル、ハンドタオル、ティッシュ、濡れた服を入れる大き目のビニール袋などもあったほうがいいです。

砂がたくさんついた服は思ったより汚れていますので、汚れてもいいビニール袋も何枚か用意しておくと安心です。

靴や服装は?

クロックス系の丈夫なサンダルをお勧めします。砂で汚れても流水で流せますし、海岸にはゴミや貝がたくさん落ちているため怪我防止になります。

海風は思ったよりも冷えるので長袖のパーカーを着用しておくと、冷えた時に助かりますよ。その下に水着を着れば、着替えることなくすぐに遊べるのでおすすめです。

半ズボンタイプの水着ですと波打ち際で子供が砂遊びできますし、汚れも洗い流しやすいのでおすすめですよ♪

レジャーシート、おやつ、飲み物

レジャーシートがあると荷物置きになります。一休みしたいときにも使えますので用意しておきましょう。ただし、貴重品は防犯のためには持ち歩きましょうね。

おやつは子ども用にぐずり防止のためにも、事前に用意しておくと助かります。小腹がへってもすぐには買いにいけない事が多いです。

飲み物も近くに自販機がない場合が多いので、必ず水分補給のために持参していきましょう。海は直射日光が当たって体力を使いますので、こまめに水分を取るようにしてくださいね。

そのほか海風に飛ばされやすいので紐つきの帽子、日焼け止め、サングラスなども紫外線予防に持っておきましょう。

まとめ

こんなに用意できないよ!って方は素手で貝をとっても大丈夫ですよ!きっと楽しい思い出ができることでしょう。

わが家は、夫ががんばってくれたおかげで30個ぐらい取れました!夕飯は、はまぐりの酒蒸しにしました。簡単に、フライパンを熱してから日本酒で蒸しただけです。

綺麗な海水をハマグリをひたすぐらい持ち帰ってきて、しっかりと砂抜きするのをおすすめします。新鮮なはまぐりの味はとてもぷりぷりで、大変美味しかったです!

家族みんなで楽しめる潮干狩り、ぜひ楽しんでくださいね♪

関連記事

千葉県小見川「城山公園」の桜でお花見してきました。桜が最高に綺麗