開業届とは?青色申告と白色申告の違いは?パートを辞めて在宅ワークで開業してみた!

パートと在宅ワークを同時にかけ持ちして働いていましたが体力と気力の限界を向かえまして・・・

ってなっちゃったんでパート辞めました。これからは在宅ワークで働いていきます。

自宅で働くなら、税務署で開業届を提出します。

開業届とは、個人事業を開業したことを税務署に申告するための書類で、正式名称は「個人事業の開廃業届出書」です。

青色申告と白色申告の違いは、ざっくりいうと青色のほうが大変だけど控除がたくさん受けられてお得、白色は簡単だけど控除が少なくなるよという制度のことです。

私は青色申告ができるように開業してきました!

開業届って何?どこで出すの?

開業届けとは、個人事業を開業したことを税務署に申告するための書類で、正式名称は「個人事業の開廃業届出書」です。

国税所得税・消費税)は税務署に納め、地方税個人事業税)は各都道府県税事務所に納める必要があります。

税金の支払いの確定申告のためにも、在宅ワークを始めたら個人事業主として開業することを報告する必要がありますので「開業届け」を出しましょう。

なお、開業届けは、お仕事を始める前からでも始めた時からでも提出できます。もちろん書類だけ貰うのも可能です。

開業届けを出す場所は、申請する方が住んでいる一番近くの税務署です。

提出の流れは?

まずは最寄りの税務署に行き、受付や予約をして開業届の書類を提出します。

開業届けを出すと同時に青色申告認証申請書を提出しておきました。忘れないように同時に出すのがおすすめです。

他にも事業の経費についてや、青色申告についての説明を受けたので合計で30分ぐらいは相談時間がかかりました。

在宅ワークで仕事をしていくには税務署に開業届を出して、売り上げがでたら複式簿記で帳簿をつけて確定申告に行く必要があります。

青色申告と白色申告の違いは?

青色申告とは事業者が毎日の取引を帳簿へ記録し、その結果を確定申告書に記載して申告する制度のことです。

原則として複式簿記により帳簿を記録するため、手間がかかりますが事業の売り上げから65万円を無条件で差し引けるなど、税金が安くなる特典が用意されています。

白色申告の場合は、簡単な売り上げ帳などを作っておけばよいので、手軽にできますが控除は受けられません。

扶養の範囲で在宅ワークしています

夫の扶養内で在宅ワークをしていきたいと思っていて、その際に気になるのが扶養に入れるかどうか?という点だと思います。

念のため、夫の社会保険に問い合わせをして、開業届を出しても扶養を抜けないか確認しました。

税理士さんにも確認しましたが、開業届を出してもいきなり扶養を抜けるわけではないし、収入によって扶養を抜けるか決まるとおっしゃっていたので安心して「開業届」を出してきました!

収入・必要経費・所得の違い

わかりやすいように、超簡単に言うと・・・

収入:仕事の売り上げ金
必要経費:仕事に関わるお金の出費
所得:売上金から経費を引いた金額

所得が、実際の手取りになるんですね。今回、開業届を出してからはじめて知りました。
経費を計算して、売り上げから経費を引いた残りが所得になります。

収入から税金がかかるわけではなくて、経費を引いた残りの所得の額から、基礎控除額を引いた残りに税金がかかってきます。

130万以上の収入があると扶養を抜けなきゃいけない?

収入が103万、130万で扶養を抜けてしまうの!?と気になる方がいらっしゃると思いますが、経費から引いたものが収入になるので売り上げなどの収支を書き出してみるのが良いです。

そのためには収支管理が簡単にできて無料で使える「やよいの青色申告オンライン」を使うのがおすすめです。

無料で確定申告!やよい青色申告オンラインは初心者でも簡単に収支管理ができる

開業届を出して事業をする場合は経費があるので収入が103万以内なら扶養内、とは限りませんので、収支管理してみるといくらまでなら扶養の収入かな?という事がすぐにわかりますよ。

扶養内の仕事でも青色申告がおすすめな理由は?

青色申告で申請したほうが節税になります。なぜなら、白色申告と比べて控除額が多いからです。

白色申告・・・10万円ひいてくれるよ
青色申告・・・65万円ひいてくれるよ

という感じです。超ざっくりですが。

青色申告を申請して、複式簿記で帳簿つけをして、期限内に提出すれば青色申告できます。
白色申告より控除額が多いので、非常に節税効果が高いです。
長い目でみても青色申告のほうが節税できるので、私は青色申告を選びました。

この複式簿記についてはまったくわからないし勉強する時間も無いので簡単に帳簿付けができるやよいの青色申告オンラインを使うことにしました!これ超楽ちん!

オンラインサポート有りで一年目6480円で利用できますし、なんとオンラインサポートなしなら無料で利用できます。

やよいの青色申告オンラインを使ってみた記事はこちら

やよい青色申告オンラインで初心者でも簡単に帳簿作成

マイナンバー提出は?

開業届を出す際に、マイナンバー提出がすすめられましたが、マイナンバーを忘れてしまったため、提出しませんでした。国の規約が変われば、義務になるかもしれませんが現時点では、義務ではないため提出なしでもOKでした。

将来的には、マイナンバー提出が必須になるかもしれませんのでマイナンバーは開業届の登録に持って行ったほうがいいですね。

主婦でも在宅ワークできる?

在宅の良さは、自分のぺースで働けて、子どもの病気の時に気兼ねなく休める点がすごく良いです。

在宅なら通勤時間も無くなるし、ガソリンも使わないし、時間の調整も自分次第だし、メリットが多いです。

もちろん、福利厚生がしっかりした会社でお金も不満がない状態なら、素晴らしいことですが、在宅ならではのメリットはたくさんあります。

恥ずかしながら私は経歴もまともに無い、学歴も無いのですがそれでも収入があるのがありがたいな、と思っています。

在宅ワークでの保育園の申請は?

開業届を出して、いつから仕事をするか自分で決めました。

保育短時間での、保育時間は変更しないで、いままでと同じように子供たちを預かってもらいたいので、平日の9時半から午後4時までお仕事することにしました。

それから保育園への提出書類「就労証明書」に自営業と記載して、提出しました。

開業届を出したので、ちゃんと仕事をしているという意識ができたので、提出の時もちゃんと説明できたので、嬉しかったですね。土日祝日はお休みにして、メリハリつけて在宅ワークしようと思います。

ココナラでプチ副業

誰でも自分の「得意」を生かして商いができるココナラならいつでも・どこでも、好きな時間にお仕事できます。

在宅ワークでのお仕事のきっかけ作りにもなりますのでオススメですよ。

開業届はだれでも出せる

●開業届はだれでも出せる

●開業届を出して在宅ワークでも保育園は申請できる

●主婦でも在宅ワークを始められる

収入が発生したら帳簿をつけて、申告するだけなのでハードル低いなって思いました。開業はだれでもできるので安心してくださいね。

関連記事

無料で確定申告!やよい青色申告オンラインは初心者でも簡単に帳簿つけできる

在宅ワークで初めての青色確定申告やってみた

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする