パートの人間関係で気持ちが落ちこまない方法は?

こんにちは、ゆりっくま@yurikkuma0904です。
毎日保育園の送り迎えにパートにブログ、程よく忙しい毎日で充実している私です。しかし心にどこかモヤモヤしたものが引っかかっていたんですよね。

パート先のある社員さんに挨拶をしても無視されることがありまして。その無視されていることが傷ついた~って話ではなくて「私は人に好かれたくて生きてるのか?人の行動に心が左右されて生きていたいのか?」と疑問を持ったからなんです。

人の行動に一喜一憂し、振り回されどんよりした心で生活するのって「嫌われる勇気」が無いから。それでモヤモヤするんだとはっきりわかりました。嫌われても気にしなくていいんだ~って開き直りました。

スポンサーリンク

嫌われる勇気


嫌われる勇気

人の態度に過剰に反応して「私がああしたらよかったのか?」とか「わたしが悪かったのかな?」とかいじいじ考えて、元気がなくなったりして。それって「嫌われる」ことが怖かったんですよ。いい顔もしていましたし、感じよく人に接していました。
人に「ゆりっくまは嫌な女」だと思われたくないから!自分で傷つくのが怖いからいい顔してニコニコして、あげくはパート先ではいじめられるし。

で、今回挨拶を無視されてようやく「自分って人の行動に心が左右されてるな」って気づいたんですよね。嫌われたくないから心が傷ついてるんじゃないかと。100人中100人に愛されたいの?無理だよ、それは無理だわ。だってどんないい人でも「いいひと」が嫌いな人って一定数必ずいるじゃん。って。

そもそも全員に、受け入れてもらおうなんて不可能。なら「嫌われても」心を強くもつ勇気が必要なんじゃないかとはっきり自覚しました。自分は間違ったことだけはやらないと決めていて、無視されても挨拶は必ずしようと。それならいいじゃないと。傷ついても気にしない心をもたないと、自分を守れないんじゃないかと思ったのです。

好かれることにこだわらない

人に好かれることにこだわりすぎると、人の期待に応えようとして過剰に反応したり、他人に振り回されることが増えます。振り回されたり、過剰に反応した心にはストレスや悩みを抱えやすいです。

そこで嫌われる勇気を持てば、他人の言動に左右されたり、人に振り回されることはなくなります。つまり自分の人生を自分らしく歩むことができます。自分自身を一番に大切に思う心はセルフエスティームを高めることになります。

セルフエスティームとは

セルフエスティームとは自己肯定感・自尊感情・自分自身を価値ある者だと感じる感覚です。セルフエスティームをあげることは心の免疫力を高めることにつながります。私はセルフエスティームが低い人間なので、なるべく自己肯定感をあげることを意識して生活しています。

関連記事【鬱経験者が語るうつ病に至った原因・完治に繋がる考え方・過ごし方などについて】

鬱病予防にもなる

自己肯定感をあげるセルフエスティームをあげることは鬱病対策・予防になります。嫌われる勇気を持つことで自分のあるがままの心を大切にする。いまのストレス社会には必要な事だと思います。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする