ギャンブル依存症で離婚することに。人生なにがあるかわからないもんだ

結婚6年目にさしかかった我が家、離婚することになりました。

離婚すると決めたのは2週間前ですが、私も離婚になると思わなくてびっくりしています!

原因は、夫の精神的なギャンブル依存症の病気です。病めるときも、健やかなるときも…なんていいますが

ギャンブル依存症からくる躁鬱病も発症しており、長い年月をかけて悪化していきました。

何度も支えようとした

以前書いたとおり、私はデキ結でこども二人おります。

夫はバツ1で、ギャンブル依存症による消費者金融での借金が原因で夫婦仲が悪くなり、離婚していました。

私は出会ったときはその件は知らず、仕事の忙しさからすれ違い離婚したと聞かされていたので

こどもが居ない離婚だったので、深く追及しませんでした。

ですが一回目の結婚をした10年前以前からギャンブル依存症の症状があったそうで

離婚とか結婚とか関係なく、ギャンブル依存症の症状が悪化していったようです。

私も結婚してから、借金があったのを知りましたが、新しい命ができたので一緒に借金を返して心機一転頑張ってみることにしました。

ギャンブル依存症からの鬱の症状やお金の使い込みも結婚してすぐにあり、この人なんかヤバいな、とは思ってましたが

男の人は遊びも多少はするものだと多目に見てました。

その代わり家計管理は私がすべて行い、お小遣い制にしていました。

悩む結婚生活

新婚の時期、彼はどこか落ち着かななく、私が妊娠中でも夜中出掛けたりふらっと居なくなることがたくさんありました。

それが原因で喧嘩になると、何日も顔を合わせなくなるように夜中帰ってこなくなる。

仕事にはきちんと行く人で、お金もすべて任せてくれているので、私も夫に自由なる時間が必要だと思って、さみしかったですが一人で育児も家事も頑張っていました。

夫は、仕事のストレスや、夫婦関係のストレスがあると、帰宅しなくなったり、鬱の症状が激しくなり、話し合いがまったくできなくなったり、消えたい、自殺するなどもほのめかすように。

その時点でも、病気ならメンタルクリニックに通うように支援したり、お金の工面も私がして支えていました。

夫の性格は、とても温和で家事や育児に文句をいったこともありませんし、料理も美味しい美味しいと食べてくれて

子どもに対しても、とても良いパパで絵に書いたように優しいパパ。

仕事も、どんなに体調が悪くても休まない真面目な性格。

ですがギャンブル依存症が悪化していくとともに、躁鬱病になりました。

結婚して五年間は、鬱病だから不安定になってしまうんだと思っていて、鬱病は治るから、大丈夫だよ、と私もサポートしていました。

お金を盗む

家のお金を盗み、使おうとしたとこが新婚のときに二回ほどありましたが額が少額だったので、注意で終わりましたが

2018年7月後半から8月にかけて、通帳に挟んでいたお金を少しづつ盗み、ギャンブルに一気に使い込み 

さらに、私のカバンから通帳をとり、大金をおろしていました。

バレないように、抜き取ったお金は下ろしたお金を補填していましたがいずれバレる話。

使い込みが発覚してから、問い詰めることになり、その時に深刻なギャンブル依存症が発覚しました。

はじめは趣味の範囲内でやれていたパチンコが、10年かけて精神を蝕むようになり、それが原因で家族とも不和になっていきました。

お金がなくなった時、私は強いショックを受けて、あんなに良い夫がこんなことするなんて信じられなくて

泣いたり、怒ったり、食欲が無くなり、体に不調がでて、子どもを保育園に連れていけないほど病みました。

短期間での大金の使い込み。

それが止められないほどのギャンブル依存症の症状。

使い込みが、ばれてからもまた嘘をつく。

ギャンブル依存症について勉強する

ギャンブル依存症について無知だったので、調べたり、ギャンブル依存症は治らない病気だということも知りました。

薬がないため、自助グループに参加して自分自身を内省して回復していくのが一番良いそうです。

家族のための自助グループも各地にあり、私も通おうかな?と思ったらしました。

本人が10年目にして、やっと自分がギャンブル依存症だということが自覚されたところです。

が、自助グループに通うのか確認したところ、まだ仕事の都合がつかないため通えるかわからないと答えたので

まだ本気になってないんだと、家族が壊れてもまだ本気になれなければ

回復する可能性は低い、と私は思います。

ギャンブル依存症の症状は、自殺すると言ったり、人格が真逆になりひどい言葉を言う、疑心暗鬼になり、ギャンブルのことしか考えられなくなり、お金を盗んだりしてしまいます。

悪化していけばさらに、犯罪を起こす可能性が高い状態です。

精神科医の先生にも、隠していたギャンブル依存症のことをやっと打ち明けたところ、

やはり、躁鬱病だけではないと先生も思っていた、ギャンブル依存症は重症なレベルだとおっしゃっていたそうです。

ギャンブル依存症の治療は住んでいる県では病院がないため、自助グループに参加してみるのが良いでしょうとのこと。

自助グループに通っても、続けて通う人はほんの少し。

義母に借金を返してもらったり、私に助けてもらっていたから、ギャンブル依存症に向き合うことなく10年経っちゃったんだなーと思います。

このまま一緒にいたら、子どもたちの前で争いをして、子どもが精神的におかしくなってしまうと思ったので

考えるべきは、二人の子どもたちの幸せですし、私の精神的な健康です。

ママの私が、鬱になって日常生活もままならなくなっては子どもたちが生活できません。

夫のことは好きだし、まさかこんなことになるなんておもわなかったけど、総合的にみて離婚が一番いいと判断しました。

本人がやっと自覚したところなので、スタート時点ですがこれからが彼自身の頑張りどころだと思います。

ギャンブル依存症は脳の病気なので、行動療法しかないのです。

専門家のところは遠すぎてなかなかいけないし通えないので、自助グループに通うしかない。

あえて突き放して、本人がどうなるか遠くから見守ってみます。

悲しいですが私的には、回復する確率は10%あるかないかだと私は思っています。

10年かけて悪化していったので一生かけて回復していく病気だと思います。

それに負けないで頑張れるか、夫婦としては終わっても、子どもたちの大切なパパなので、私も遠くから見守っていきます。

新しい生活

私も精神的にぼろぼろになってしまいましたが、なんとか両親に支えてもらい

賃貸マンションを引き払う手続きをして現在引っ越し作業中です。

新しい賃貸アパートも、審査がとおり三人ぐらしにむけて準備しています。

調停離婚

ギャンブル依存症の症状がでると人格が真逆になるので(ダークサイドに堕ちる)

養育費払わないだとか、お金を奪われるなど話し合いができなくなるので

調停離婚することにしました。

善人格のときの夫はとても優しいので、養育費も払うし、子どもにも会いたいと言っていたので

取り決めを調停でやることにしました。

ダークサイド夫になると、まともに話し合いできない状態なので

調停離婚ではきちんと決めて、言った言わないのトラブル回避したいのと

養育費の支払いをしなくなったら、差し押さえや、義理の両親に保証人になってもらい

お金はしっかり支払ってもらいます。

慰謝料は、出せれば欲しいですがそこまで貯金もないので養育費を毎月払ってもらえれば問題ないです。

下手に追い詰めても逆効果ですしね。

いざ賃貸契約

子どもたちを新しい住所の近くの保育園に転園させられれば働けるので

自分の在宅ワークで生活費を稼ぎます。

新しい賃貸アパートは、26000円の激安賃貸が見つかったのでラッキーでした。

内装もリフォーム住みなので、住む場所が決まったら、離婚届だして離婚して母子家庭になります。

早め早めにやらないと保育園の手続きができないので、まずは離婚して手続きの嵐です。

実家に帰る手もあったのですが、世帯が一緒だと税金や保育料、手当てが

でなくなってしまって生活できないため激安の賃貸を借りて、三人ぐらしします。

実家から近いので、サポートしてもらえるのでとても良い環境です。

保育園はいれるまで、貯金を使って生活します。

幸い、現在入園している市からの保育園の転園はスムーズにできそうなので

あとは空き待ちですね。

早め早めに準備と、引っ越し作業、行政手続きがたくさんありますが

なんとかがんばります。

賃貸契約は父の保証人があったから審査通ったけど、低収入しかない自営業では部屋借りるの難しいんですね(そりゃそうだ)

母子家庭が悪いのではなく、企業に勤める正社員ならすぐに通ると思います。

正社員という道はハードル高い(いままでもチャレンジしたが問答無用で落とされる)

ので、自分にできる範囲で、頑張ります。

学資保険などは解約したくないので、なんとか払いたいです。

病気にならない限り、生活保護は受けたくないので、保育園が決まったら仕事頑張りたい!

前向きに生きる!

夫婦関係に関しては、やれることすべてやったし、努力したので、すべてやりきった感あります。

自分はどうやっていきて生きたいか、考えみたら….

楽しく、ニコニコ、幸せに生きていきたい!

そして、みんなに幸せになってほしい!

その気持ちが強く、不幸だとかまったく思いませんでした。

毎晩毎晩、子どもたちの幸せを思うと揺れ動きますが、子どもと私たちの生活を前向きに考えていきたいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする