ヤフオクの仕様が変更。受け取り連絡されないと入金されません

ヤフオクの仕様が2018年3月1日から変更になりました。

以前はゆうちょや、銀行に直接振り込みが可能でしたができなくなり、すべてのカテゴリでYahoo!かんたん決済が強制になりました。

取引の流れも大幅な変更があり、以前は出品者側に支払い額が入金されてから発送する流れでしたが、変更後は一旦ヤフオクに売り上げがプールされます。

出品者が発送してから落札者が「受け取り連絡」をしないと入金されない仕組みになりました。

このルールが変更されてから商品が落札されてから実際に入金されるまでの期間が3日は軽く延びましたね。

出品者なら、受け取り連絡を必ずしてくださいと説明文に追記しておくことで対応しようと思っています。

受け取り連絡されないと入金されない

以前は入金がまずはじめの流れでしたが、今回から売り上げがヤフオク側にプールされます。

発送して相手が受け取り連絡ボタンを押さないと入金されない仕様になりました。

この変更にはちょっとびっくりしましたね。

いままでのヤフオクは出品者が優位になっていたイメージだったんですが、落札者側がルーズだと出品者側としてはいつ入金されるのかとヤキモキしてしまいそうです。

私の場合ですがほとんどの場合常連さんに落札されることが多く、現在は速やかに受け取りボタンを押していただけていますがはじめての取引でなかなか受け取りボタンが押されないとちょっとストレスになりそうですね。

受け取り連絡しなくても14日後には入金となる

商品の到着を確認したら速やかに受取連絡を行うという新ルールになりますが、落札者側としたら商品が届いたら評価しない、連絡しないなんてザラにあります。

支払う側からしたら、商品が届いたらそれで満足してしまうんですよね。

万が一、受け取り連絡をしない場合は、お支払い手続きから14日後に自動で入金処理となります。

連絡が無くても14日後には入金となるシステムになっているのですが出品者としては早くお金を手元に受け取りたいのが本音です。

以前は支払い手続きから2日後程度で自動的に着金していたので精神的に楽でしたね。

商品の出品説明文に「受け取り連絡は必ずしてください」と丁重に記入しておこうと思います。

かんたん決済が強制に

以前は、銀行に直接振り込みをしてもらったりゆうちょに入金してもらったり割りと自由に支払いできたのですがヤフオクの代金支払いシステム「かんたん決済」を介してじゃないと取引できなくなりました。

私としては、以前から「かんたん決済」がほとんどの支払い方法となっていたので特に問題ない変更でした。

「かんたん決済」はコンビニ払いもできますしクレジットカード決済もできるので非常に便利なのでこれはウェルカムです。

まとめ

●2018年3月からヤフオクの受け取り連絡後に入金されるルールに変更された

●出品側なら説明文に「受け取り連絡お願いします」と追記しよう!

●落札者側なら商品が届いたら「受け取り連絡ボタン」を押しておこう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする