年賀状送るのやめてみたら気が楽になった

毎年お友達に送っていた年賀状。

今年から送るの辞めました。

義務感を感じながら送られてきた年賀状って相手は嬉しく思うのかな?と思ったんです。

いまはメールやLINEで友達と気軽にメッセージがやり取りできるため年賀状でなくても新年の挨拶ができますし

相手も来たら来たで返信しなきゃいけないので手間をかけさせてしまうのって大変だと思うんですよね。

仲良ければ、次に会ったときに直接今年もよろしくね、と話せばいいでしょうし、今年からは年賀状をやめてみようと思います。

やめたら気持ちが軽くなった

年賀状のシーズンになると、友達に住所を聞いて喪中なら出さないようにしたり、子どもの写真は送らない方がいいのかな?とか疑問に思いながら

なんとなく送ったほうがいいのかな?と疑問を感じつつ送っていたけれど

悩むぐらいならいっそのこと、辞めました!

送られて来なくても私的には相手を嫌いになりませんし、送られて返信する手間をかけさせてしまうとこが

実際、大変だよな。と思うようになりました。

ならいっそのこと、メールやLINEで可愛い干支の画像とメッセージを送るのみにしようかと決めたら年賀状を作る手間が無くなってすごく楽で。

うーんやっぱり手間がかからないのは気楽だなぁっと。

子どもの写真付き年賀状の賛否

子どもの写真付き年賀は親しい仲には送っていました。

子どもの写真は相手によってら子どもが苦手だったり、貰っても反応に困るから、写真付きだとハガキの処理が困る、という意見がネット上ではとても多いです。

顔写真付きですともろに個人情報の流出をしているので防犯上の心配もありますね。

さまざまなな事情により子どもの写真を見たくない方もいます。


スポンサーリンク

いっそのこと、年賀状を辞めてみるのもありなんじゃないかと思うようになりました。

義務感は相手にとって負担

年賀状が来ないから相手を嫌いになることは無いですし(人によるかもしれないが)、喪中なら送れないこともあるのだから

そもそも年賀状って会社の付き合い以外はそこまで重要か??と思います。

付き合いたい相手なら付き合うし、年賀状が来ないから嫌いになることもないし、年賀状しゃなくてもメールや電話、LINEで繋がれる時代。

手段が目的になった年賀状

そもそも本来は、新年の挨拶が目的ですよね。

別に年賀状じゃなくてもいいわけです。

直接会えれば、挨拶できますし手紙じゃなくても電話でもいいわけで。

今年もよろしくお願いいたしますって気持ちを相手に伝えればいいことなんだと思います。

「伝える」という手段が「年賀状を送る」という目的になっちゃった感じがします。

ハガキも年々値上がりしていますから将来はもっと年賀ハガキが値上がりする可能性は大いにあります。数が増えれば金銭的にも負担が大きいですよね。

友達になら、年賀状作成のネットサービスを使って可愛い画像を作ってLINEしちゃえば済むことなんですよね。

会社の付き合いはちゃんと年賀状で送ったほうがいいと思いますが

友達にならLINEでいいか!!とふっきれました。

お互い楽なのがいいですしね。

まとめ

年賀状を辞めたとしても相手が楽しく送ってくれたら返事をすればいいですし

辞めることで、年末の負担が軽くなるので辞めたければ辞めちゃえばいいと思います。

私は辞めて気が楽になりました。

お互いの負担になるくらいならメールやLINEでやりとりすれば気が楽になりますね。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする