2017 大昆虫展 in 東京スカイツリータウンに遊びに行った感想!カブトムシに子どもが大興奮!


スポンサーリンク

2017 大昆虫展 in 東京スカイツリータウンに行ってきました!直接、カブトムシにふれあえる虫好きにはたまらないイベントです。2歳の息子が虫大好きなので家族みんなで遊びにいってきました!

虫は苦手な私でもかなり楽しめたので、子供ならかなり楽しめると思いますよ!カブトムシと直に触れ合えて、さまざまな虫の知識もつきましたし、家族みんなで楽しめました!

大昆虫2017に行くおすすめの交通方法や、大昆虫展の様子、お土産などの情報を載せますね!

スポンサーリンク

2017 大昆虫展 in 東京スカイツリータウンとは?

昆虫展は昆虫を見る、知る、触れることを通じ、子どもたちに自然環境や人間の暮らしとの関わりに興味を持ってもらうことができるイベントです。

>>オフィシャルサイト<<

入場料は、大人1000円、4歳以上700円、親子券1500円です。3歳以下は無料です。

開催期間2017年7月15日(土)~8月23日(水)

開催時間10:00~18:00(最終日17時終了)
※最終入場は終了時間の15分前

昆虫が好きな子どもももちろん、大人もみんなで楽しめるイベントです。
会場には昆虫標本や、ふれあい会場、昆虫標本、昆虫くじびき、フォトスポット、お土産コーナー、ガチャガチャコーナー、キャンドル作りコーナーがありましたよ。

おすすめの行き方は?シャトルバスがおすすめ

東京駅八重洲南5番の高速バスから、スカイツリー行きのシャトルバスがでていました。往復券よりも、一日乗車券(900円)のほうが安かったので一日乗車券を購入しました。まずは、シャトルバスに乗ってスカイツリーまで行きました。電車だと二回乗り換えしないといけなかったので直通バスはありがたいです!

子供は膝に抱っこして載せたので乗車料金は0円でした。

会場はどこ?

●会場

東京スカイツリータウン 東京ソラマチ5階
「スペース634」

●住所

東京都墨田区押上1-1-2

東京駅⇔スカイツリー間のシャトルバスを利用する場合は帰りの最終時刻が18時台なので、事前に時刻表のチェックをしておくといいですよ。

スカイツリーと東京ソラマチはすぐ隣なので迷うことなく到着しました。東京ソラマチ内が混んでいたので5階に着くまでが少し大変でした。エレベーターが店内の込み具合によって、ベビーカーと車いす優先になるため使えないので、混雑時なら歩きはエスカレーターを利用します。

昆虫展の会場自体は、7月中旬ごろならチケットを買ってからすぐに入場できましたよ!夏休みピーク時なら多少、待つかもしれません。

会場の様子と感想

着いたとたん、虫大好きっこ2歳の息子はヒャッフウウウウ!!状態。

入り口には大きなカブトムシの模型があり、その上に載って記念写真が撮れます。もちろん無料。あまり並ばないでもすぐ写真が撮れました。


スポンサーリンク

映像で虫たちが現れる通路を通ります。
壁一面に虫の標本が飾ってあります。すごい数の種類と生き物に大興奮です。

みんなのアイドル「ヘラクレスオオカブト」さんも展示されてます。

大興奮。

本物のヘラクレスオオカブトだ!かなり大きいです。迫力が凄い。

ふれあいの里では本物のカブトムシと触れ合うことができます。お楽しみのカブトムシふれあいコーナーにて。大量のカブトムシがいるので必ず触れますよ~!(私は見てました)
混雑していて、見るまでに20~30分並んで15分ぐらいカブトムシとふれあう時間制限制でした。
効率よくふれあいの里でカブトムシと触れ合うには、両親どちらかが先に順番待ちをしておき、その間に片方の親と子供が展示スペースで楽しむという方法がいいです。

珍しい虫系のガチャガチャがたくさんありました。100円から200円ぐらいのガチャガチャがあります。4回ぐらいやりました。

虫のガチャガチャってあまり街で見ないのでレアですね。

くじびきは、1回500円の虫くじびきと、600円で本物のカブトムシがあたるくじの2種類がありました。
一等はなんとヘラクレスオオカブトが当たるのです!買うと2万以上するレア昆虫なのでやらない手はないですよね~。下位の当たりでもカブトムシが貰えたりして、昆虫が欲しい子にとっては嬉しいですね。

お土産コーナーは、雑貨、本、クリアファイル、虫のおもちゃ、キャンドル作り、本物のカブトムシや昆虫が販売されていました。カブトムシなら500~1000円程度で買えますよ。飼育セットなども一緒に置いてありました。

まとめ

虫好きな息子はなんだかんだで2時間は見ていました。親の私も楽しめましたよ。いい思い出になりました。小学生ぐらいの子が多かったので夏休みの思い出作りに昆虫展、おすすめですよ~。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする