夫の昼寝にイライラする!対処法と心構えは?

休日の朝 早く起きて 朝食作り そして洗濯、掃除、育児。

休むことなく家事をして、気がついたらまたお昼の時間!あーお昼ご飯作らなきゃ…なんて思っていたらあれ!?

なんかいびきの音がする!

え、まさか夫寝てる!?

今寝るタイミング!?嘘?信じられない!

私ばっかり動いて休む暇もないに!?と、いびきをかいている音がすると物凄くイライラしたりします。

イライラしてもお互いのために、そしてママのためにならないんですよね。

イライラすると疲れるし嫌な気持ちだけ残ってパパとは険悪になるし不快になるだけ。

ならば、あえてパパが昼寝をする前提で休日を過ごしてみてはいかがでしょうか。

パパ援護かよ!って思うかもしれませんがこれはママのためにもなるんです。

昼寝をすることは体にとても良いことで悪いことではないんですよね。

日頃家族のために頑張っているパパ、ママもよく頑張っています。どちらも悪くないんです。

ママが頑張りすぎてることが問題なだけなんです。

解決策として、有料の宅配サービスやネットスーパーなんかをガンガン利用してしまって買い物を減らす。

ママが精神的にも肉体的にも疲れないように買い物の手間を減らすことでお互いハッピーになるといいなと思っています。

パパの昼寝を想定した休日

あらかじめ、パパの昼寝を想定して休日を過ごすと決めた方が精神的に楽になります。

重い荷物を抱えて疲れてしまう買い物は、Amazonプライムや有料の宅配サービス、ネットスーパーで買いましょう。

子どもを抱えて重い荷物を運ぶのは重労働です。日用品などの買い物はもうしないことにして、ママの負担を減らすことが一番大切です。

主婦はやることが多い問題

休日のママはやることが多い。家事や育児に休みはありません。

女性はマルチタスクが得意といわれています。もちろんそういう女性ばかりではありませんがここでは一般的な例を出させていただきます。

一つのことに集中することもできるし、一度に複数のことを掛け持ちして働くこともできる。

休日といえ 溜まった洗濯物や食器などをそのままにしておくことやっぱりできないのでどうしてもやらなくちゃいけなかったりするんですよね 。

休日にやることはたくさんあるので気が抜けないんですよね。

そんな時にゆっくり昼寝をする気持ちになかなかなれなかったりします。 そもそも小さい子がいるとうっかり昼寝なんかしたら部屋がめちゃめちゃになっていたり思わぬ怪我をしていたりするので昼寝は気軽にできないし、日中は気が抜けません。

パパの昼寝問題

私の主人だけではないのでしょうが昼寝をするパパって多い気がします。

どうして私だけこんなに忙しく働いているのに隣でグーグーと昼寝できるんだろう!?

私だって昼寝したいよ!ってイライラしちゃいますよね。

本来、昼寝をすることはとっても体に良くて体力回復効果やストレス解消になります。

日頃疲れている体力を回復させるのはもちろん、一度体をリフレッシュさせることでまた頑張れるという大きなメリットがあります。

できれば、パパだけじゃなくてママも昼寝をした方がいいです。

でもやっぱりママって忙しくてなかなか休めないんですよね。 小さい子がいたらなおさら昼寝はできません。 誰も子どもを見守る人がいなくなっちゃいますからね 。

頑張ってる時に、気楽にぐーぐーと昼寝しているパパを見ていると心の底からふつふつとこみ上げてくる怒りを感じることがあります。(世の中のパパさんごめんなさい。怒らないでね、ママの正直な気持ちです)

日頃は家族のためにお仕事を頑張ってくれているパパにとっても感謝しているのにどうしてイライラしちゃうんだろうってママも思っています。

ママが頑張っているから疲れてしまって気持ちに余裕が無くなっちゃう。だから夫の昼寝にすらイライラしてしまうんだと思います。

疲れているときには心に余裕がないので人の行動に我慢ができなかったり許せなくなっちゃうんですよね。

イライラするのは精神的にもすっごく疲れます。

イライラが原因でパパと喧嘩になったりしたらすごく嫌ですよね。

私も何回も昼寝しているパパにどうしてもイライラしてしまって喧嘩になったことが何回もあります。

解決策は?

そこで、 解決策としてあえてパパが昼寝をするということを想定しておくことにしました。

昼寝を予定に組んだ休日の過ごし方に変えてみることにしました。

具体的にはお昼の時間に被らないようなお出かけスケジュールにする。

買い物を減らすためにネットスーパーを使ったりAmazonプライムで日用品を配達してもらいママの負担を減らしました。

パパが昼寝をするのは エネルギー充電

女性の体力はパワーが低めですが長時間低燃費で働くことがとっても上手です。

ですが男性はとってもパワフルに動けて動けるのですがそのぶんエネルギー 消耗が早い。

人に得意、不得意があるように男性と女性では体の仕組みも違います。

仕組みが違えばお互いに得意なところ不得意なところがあるのは当然ですよね。

昼寝をすること自体はとっても体に良く、体力を回復させるだけじゃなく気持ちのリフレッシュ効果もあります。

時間は15分から30分ほど寝るのが 適切と言われていて、あまり長時間寝るのはかえって体がだるくなったりしてしまいますが短時間の睡眠を昼にとることは効率的なことといえます。

どうしても昼寝するパパがイライラしてしまうっていうママは、パパが昼寝をするということを前提に休日の過ごし方を変えてみるというのはいかがですか?

私も以前はとってもパパの昼寝が嫌で嫌でどうして私だけ頑張らなくちゃいけないの?なんて不満に思っていました。

ですが、発想の転換をしました。

昼寝を受け入れることは自分への投資なんだと思うようになったんです。

気持ちよく昼寝をさせてあげて起きた後にパパがまた頑張ってくれたらいいんじゃないかなと思うと自分への投資になりますね。

気持ちよく昼寝をしてもらってその後に「気持ちよく眠れた?」なんて言ってあげればパパの心があたかい気持ちになりますね。

起きたら頑張ろうかな!とプラスの面で気持ちが作用すればまた頑張ってもらえるんじゃないかなって思うようになりました。

なので昼寝をする時間をあらかじめスケジュールに予定しておいて休日を過ごすとストレスが減ると思います。

休日に買い物をまとめ買いしないでネットスーパーを使ったりAmazonプライムに入会して日用品を届けてもらえるようにすればママが楽なんじゃないかなって思います。

もちろんママが全部頑張れっていうことじゃなくて1時間ぐらいの昼寝を想定しておいて休日を行動すればお互いがイライラせず気持ちよく過ごせるんじゃないかなと思います。

昼寝をした後にパパ側も「寝ちゃって悪かったな」とか思う人だったら、その後にママの時間を作ってくれたりママが疲れちゃった時に「少し寝てていいよ。俺もそうしていたから」って相手の気持ちをプラスにできると思うんです 。

自分が休みたい時にパパが優しくしてくれたら「昼寝を受け入れてよかったな」って思えるようになるかと思うんですね。

そういう意味でママへの投資になるんじゃないかなと思います。

私もそうだったのですがイライラする事ってママが疲れちゃうことだと思うんです。

ママもルンバや食洗機 洗濯乾燥機をフル活用して家事を楽して浮いた時間でリフレッシュ時間を作りましょう。

忙しいママのお役立ちアイテム。お掃除ロボット「ルンバ」メリットやデメリット

買ってよかった家電「食洗機」で家事を楽に。

疲れた時に自分が助けてもらえるような流れにしていた方がママのためになるかなーって思います。

リターンのために投資する。投資なら損してるような気分にならないかなと思います。

ママが楽が一番大切です。ママが笑顔の方がパパも笑顔になるし、ママがイライラしてるとパパもニコニコできないですよね。

我慢なんかする必要ないし昼寝するパパにイライラするぐらいだったらAmazonプライム1年間3900円の払って日用品とか全部届けてもらったりして楽しちゃいましょう。

それにアマゾンで買うと結構安いんですよね。

日用品なんかホームセンターで買うよりは全然安く買えますし、まとめ買い割引とかもあるから「Amazonプライム」すごく最強です。

我が家でもほとんど今は日用品の買い物はAmazonプライムでやってるんですけどAmazonプライムって他にも特典として音楽やビデオが無料で視聴できます。

アニメとか映画が無料で見れたりするのでママの息抜きに使うのがおすすめです。好きな映画見たりしてほっと息抜きしてください。

投資することでママが出かけたいとき「じゃあいいよ行ってきて」って気持ちよく言ってくれる流れに誘導していく方がお互い幸せだなーって思うようになりました。

生活を楽しく過ごすため、ママのために多少のネットサービスにお金を使っていいと思います。

まとめ

昼寝を予定にあらかじめ組むことママのストレスを減らしましょう。

使えるものを全て使ってママの家事を楽にしたいですね。

関連記事

Amazonプライムに登録したら買い物が楽になりました

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする