夫と喧嘩が減り家庭円満になった方法


スポンサーリンク

私は結婚したばかりのころ、全部ではありませんが一部夫のことを信用できない部分がありました。

理由は夫の秘密の借金。

借金があると知ったとき頭を殴られたような衝撃が走りました。

優しくて誠実な人だと思っていたのに、、

それが原因で夫を常に疑うようになり、喧嘩も増えていきました。

借金も無事返し終わり育児がスタート。育児は夫婦で協力してやっていかねばなりません。

まぁ借金するのは悪いことなのですが、私の場合は自分にも原因がありました。

それは夫を尊重できていなかった事です。

私は夫を疑ったりささいなことで喧嘩を結婚してから5年間繰り返してしまいました。このままではいけないと思い、夫を尊重することの大切さに気づきました

具体的には余計な口出しはしない、夫の自由時間を作ってリフレッシュしてもらう、相手の気持ちを考えることを実行していった結果、以前より喧嘩が減り穏やかな時間を過ごせるようになりました。

夫も大切にする、そして自分自身も大切にしていくことで以前より幸せを感じることが増えました。

いきさつ

知りあった日に「あっ、私この人と結婚するんだ!」とピーンと来た私。

知り合いの紹介で知り合った夫と、食事をしたときの優しい眼差しと柔らかい語り方に、この人が将来の夫になるのだと思いました。

あったその日になんとなく子どもも恵まれそうだと予想したのは浮かれていたわけではなく、冷静にそう思えました。

そのぐらい、雰囲気が合った人でした。出会ってからめでたく・・というかでき婚ですが、妊娠&スピード結婚。

家族は反対しまくりーのでしたが、夫が誰に対してもにこやかに話す仕草や、真面目な仕事ぶりと将来性を感じていたためこれは結婚してもいいんじゃないかなーと思って結婚。

不信感のはじまり

私は結婚してから知った借金。

まだショックでしたがまだ返せる額だから即離婚、とは考えませんでした。というか妊娠していたので仕事もできなくなるので生活のことを考えたら離婚はできません。

しかし、ふつふつと夫への不信感を抱くように。

またパチンコで借金するんじゃないかという不信感です。

残念なことにその不信感は当たってしまいました。

結婚してから夫からのお給料を貰うときに、税金を支払ったと説明され6万円少なかったのです。彼はそのお金を税金の支払いではなくパチンコに使ってしまいました。

ブチ切れからの夫下げが始まる

それはそれはブチ切れた私。

なにやってんだー!と、怒りまくったりそのあとも喧嘩しまくりーの。

気まずくなると夫は家に帰ってこなくなったりして失踪した事件もありました。

それからますます、私は夫のことを批判したり友達に夫のことを愚痴ったりブログで愚痴ったり、、、

夫の良さを語るより、夫の失態を愚痴る日々を送っていました。

自分はどうなんだろう?

普段の夫は大変に優しい人で怒ることは滅多にありません。

友達も多く、仕事も真面目で新卒で働いてからコツコツ実績を積み重ねている真面目な人です。

しかし、以前はパチンコが好きだったり人と本音で向き合うことが苦手でした。

私は、お金がなくても協力してやっていけたらいいと思いつつ夫の頼りなさに疑問を持つことが多くありました。

加えて慣れない育児と一人きりのワンオペ育児がが原因でイライラしてしまい時には子どもに当たることもありました。

どうしようもなく疲れてしまいストレスから物に当たって物を壊したりしてしまいました。夫を頼れない、自分しか頼れない不安から精神が不安定になってしまいました。

振り返ってみれば自分も駄目なところがたくさんあるのに夫を批判していました。

そんなある日、ブログへコメントをいただきました。

「偉そうな事を書いてるけどあなた何様なんですか。物に当たったり、子どもを叩いたりしない生活を一ヶ月やってみたらいかがですか?」

と。

本当にそうだよなぁと胸に突き刺さりました。

自分は何様なんだろう、自分に出来ることはなんだろう、何を改善したらいいんだろうと思いました。

夫への信頼感を取り戻す

生活を改めようともがいて、試行錯誤したものの育児のストレスや疲れがたまると夫にイライラ。

でもこのままじゃ、駄目だと思いました。

そんなとき娘が3歳になり入園待ちしていた保育園に入れたのがきっかけで育児を休む時間ができました。休む時間ができたことにより徐々に育児ストレスが落ち着いてきました。

他にも自宅仕事をはじめ自分の好きなことが出来るのでもやもやしたストレスが発散できたことでイライラすることも減っていきました。

家庭円満の方法

私は夫に対して、尊重が足りなかったことを反省しました。


スポンサーリンク

具体的にどんな風に変えたのかリスト化してみます。

●夫に対して余計な事を言わなくなった

●夫を尊重する

●夫に対してネガティブなことはいわない

●言葉に気をつける

●夫の自由時間を増やした

●自分の休む時間を作った

前はあーだこーだ心配で口出ししていたのですが、急な用事や危険な時以外は口出しするのを辞めてみました。

ネガティブな事もオブラートに包んで話したり、こうしたらよくなるかもね?的なやんわり話すようにしてみました。 

夫はどう思うのか一呼吸置いて聞くようになりました。相手の気持ちを待つ事を覚えました。

加えて、家庭のルールとして夫の自由時間を決めました。土曜日の午後は自由に出かけていいよというルールです。

あとこれも重要なポイントですが疲れて余裕がないと相手を思いやる気持ちがすり減るので、妻側も休む時間を作ったほうがいいと思います。

私は保育園に子どもを預けて働くことにしましたが育児に行き詰まっていたのでちょうどいいバランスで育児ができるようになりました。

ワンオペ育児は本当にキツイので疲れて夫に優しくできないママさんもいらっしゃると思うので(休む)ことを重視してみてください。

一時保育は競争率高くて私は利用できなかったのですがどんどん利用してほしいです。

もう少し一時保育の枠が増えたらいいのにと思います。それぐらいワンオペ育児は疲弊します。

ストレスで夫婦関係がうまくいかないときはお互い疲れていると思います。パパもママもリフレッシュして休むことがなによりも大切だと感じます。

結果は?

以前と比べて不毛な喧嘩はぐっと減りましたし、夫の機嫌もすこぶる良好です。

夫が遊びにいくたび、私は育児で大変なのに、、と遊びにいく夫にイライラしていましたが

夫に自由時間を与えることは自分への投資なんだ!と思うようになりました。

機嫌よくリフレッシュした夫は次の日曜日には率先して家事をしてくれますし育児もこなしてくれます。

気持ちよく仕事してくれれば気持ちよくお給料を家に入れてくれます。

夫が自由時間にリフレッシュすることは以前は(夫は育児しなくていいし遊びに行けていいよね)と妬ましく思っていました。

しかし、働いてみると感じますが仕事も大変です。育児とは違う大変さがあると感じます。

喧嘩を繰り返してしまいましたがやっとお互いのペースがわかったようです。

私が結婚生活で学んだことは「受け入れる大切さ」「自分と相手を尊重する大切さ」です

喧嘩はやらないにこしたことはないけれど避けてばかり、片方が我慢するだけはフェアじゃないですよね。

片方だけに一方的な負担がかかるのでは気持ちが折れたときに心は離れてしまいます。

1本より2本の矢を束ねたのほうが強いように力を合わせれば何倍もの力が生まれます。

子供達の心にも夫婦で支えあう姿は「結婚」に対してポジティブな印象を持つようになるでしょう。

私が幼い頃両親が喧嘩ばかりしていた姿を見ていたため結婚は絶対したくない!夫婦は仲悪いのが普通だと思い込んでいたので、大人になって「結婚」というものにポジティブにとらえられるようになったので、いい人生経験させてもらっています。

夫と子供達に感謝の気持ちを忘れないように生きていきたい、と強く思います。

受け入れる大切さ

お互いの弱点を受け入れたらとても楽になりました。妥協ではなく、都合のいい人間になるわけでもなく受け入れる大切さ。

生活するためにお金を稼ぐために夫は日々プレッシャーやストレスを感じています。

会社の理不尽な上司にイライラすることもあるでしょう。

夫に自由時間を与えることで彼がリフレッシュできれば家族サービスを頑張る気力が出ます。

夫も一人だけ出かけることに罪悪感を感じていたそうなので、夫婦でお互いの自由時間を決めたのは良かったようです。

夫を下げる発言を辞めてから自分も楽になりました。家族でのんびり過ごす時間がとても穏やかで気持ちが安らぎます。喧嘩が減ったことで無駄な気力と精神の消耗が減ったことに気づきました。

まとめ

家庭円満は相手を尊重して思いやりをもつこと


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする