エアコンのつけっぱなしは本当に節電節約なのか?実験した結果は電気代が上がった!

エアコンのつけっぱなしが節電になるという記事を見て、去年は

ほーまじか!!!じゃあつけっぱなしにしちゃうぜー!とガンガンエアコンの冷房をつけっぱなしにしてみたのよ。ちょっとしたお出かけから1時間以上のお出かけの時にもつけっぱなし。常にエアコン。

が、電気代が一万円越えしまして。

おかしい。電気代高すぎィ!!!って戦慄したんだわ。

なので、今年はつけっぱなしは辞めてこまめに送風と冷房を組み合わせてみた結果。

今年のほうが3千円も安いという結果になりました。

おかしいネットではつけっぱなしがいい説だったんだけどなあ。
我が家の場合は節電になりませんでした。(ちーん

条件

①冷房は常につけっぱなしで一か月過ごす

出かけるときも常に冷房をつけて部屋は常に冷えていました。25度設定で常につけている状態です。

②冷房と送風機能を併用、夜はクーラーまたは送風

部屋にいる場合は冷房25度、出かけるとき、寝るときは送風機能。

部屋の状態、機能は変わっておらず同じ条件での調査です。

結果

①冷房は常につけっぱなしで一か月過ごす→電気代10980円
②冷房と送風機能を併用→電気代7427円

冷房つけっぱなしのほうが高くなりました。冷房と送風機能を併用では炊飯器も食洗機も使っている状態にも関わらず電気代が安くなっています。

つけっぱなしと冷房&送風のを比べた差は3553円でした。
冷房をつけっぱなしにするほうが電気代が高くなるという実験結果がでました。

ゆりっくま
一万円越えの電気代の請求書を見た時の絶望感!!

おかしい。ネットの情報は間違っていたのかそれとも我が家の条件がたまたまそうだったのか、という感じですね。エアコンは新品の物を買ったので古いことが理由じゃなく純粋につけっぱなしは電気代がかかるんでしょうね。

冷房+送風を併用すると節約になることがわかりました。送風機能は扇風機代わりにもなりますし、一時間あたりの電気代はたったの0.3円なので使わない手はないですよね。

冷房効果をアップさせよう

先日DIYで、エアコンクリーニングしました。フィルターを埃取りしてキレイにしました。

エアコンクリーニングしたので冷房効率は上がっています。25度弱設定とサーキュレータを使うと部屋が冷え冷えになります。設定温度が24度だとちょっと寒いです。冷えすぎると体がつらいので、冷えすぎた時は送風機能にして、内部を乾燥させるついでに温度調節しています。


アイリスオーヤマ サーキュレーター 静音 首振り ~8畳 ホワイト PCF-HD15-W

冷房効率を上げるサーキュレータの使い方

エアコンの風向き水平にしてから、設定サーキュレーター天井に向けてまわすと空気の循環がよくなり部屋の中がよく冷えてくれます。
3部屋中には難しいですが、2部屋(6畳6畳)程度なら25度設定+サーキュレータで十分涼しくなります。

電気代の節約にはサーキュレータは必須といえそうですね。冷房と送風機能、さらにサーキュレータを効率的に使って暑い夏の電気代を節電しましょうね。

まとめ

我が家がなぜ「つけっぱなし」で電気代があがったのか原因を考えてみました。

おそらく「つけっぱなしにしすぎた」んでしょうなあ。ダイキンさんのエアコンの実験によると30分程度の外出であれば、エアコンを切るよりも「つけっぱなし」にする方が電気代が安くなるが、30分以上の外出の場合には、エアコンの運転をOFFにした方が消費電力量は小さくなると言えると結果がでました。

我が家の場合は、24時間つけっぱで実験したのでそりゃあ高いわ、っていうオチでした。30分なら切るな、30分以上ならエアコン切っとけ!!ですな。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする