捨てるのはもったいない!古い電動自転車を修理しました

10年ほど使っているヤマハの電動自転車「PASリトルモア」。

10年物なので、ペダルは曲がりチェーンカバーは取れ、子ども用の補助椅子は破壊

経年劣化により、まともに乗れないほどボロボロになってしまいました。

でも、まだ使える状態なのに捨てるのは勿体ないですよね。

そこで、自転車の修理を行っている「サイクルベース あさひ」に修理見積りをしたところ修理できることが判明!

修理を依頼したところ、合計22,124円で綺麗に修理していただきました。

二万ちょっとでまた電動自転車が乗れるようになったので節約になりました。

本体が壊れていない限り、パーツ交換修理すれば見違えるように綺麗になりますよ。

10年乗った電動自転車を修理

10年以上前の電動自転車を毎日、主人が通勤に使っています。

さすがにバッテリーは弱っているもののなんとか乗れていました。

ヤマハの電動自転車は頑丈で大活躍してくれます。

しかしぶつかった拍子にペダルが曲がってしまったり、チェーンケースが自然と壊れたり満身創痍、全体的にぼろぼろの状態。

子乗せ椅子は自然に壊れたり劣化したりしてもう乗れない状態。

ですが!買い替えるよりも修理をしたほうが安かったので直すことにしました。

修理箇所と料金

○チェーンケース 2980円
○サイドカバー 480円
○右クランク 2880円
○フロント リア対応バスケット 4610円
○両立スタンド 5880円
○サドル 2180円
○作業工賃 3114円
計 7点 22124円

修理の期間

修理の期間は約1週間程度で終わりました。その間、サイクルベースあさひさんから代車をお借りすることができました。

修理中に自転車を使うときに大変助かりましたので代車を貸してもらえてありがたかったです。

修理後はピカピカ快適に!

ジュニアシートがキレイに外されて新しいバスケットがつきました。

体的にキレイになったので気持ち良く走れます♪ペダルが曲がってないので普通に走れるように(笑

バスケットも大容量サイズで荷物がたくさん入る!

https://www.ysgear.co.jp/Products/Detail/top/item/Q5KYSK051P20

バスケットはヤマハの純正「フロント・リア共用バスケット 樹脂製」ライトブラウンを取り付けました。

綺麗に修理していただき、サイクルベースあさひに頼んで良かったです。10年物の電動自転車がまた快適に走れるようになって感動しちゃいました。

まとめ

電動自転車はぼろぼろになっても直せるよ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする