月7万円をパートで稼ぐことのメリットは?妻のパート収入は貴重な収入源。

私は2歳と3歳の子供を保育園に預けて、毎月7万円のパート代を稼いでいます。
実を言いますと「私が働きに出たところでたいして稼げない」「私は数万円しか稼げてないからたいしたことをしていない」と消極的な考え方をしていました。
私は、正社員にもなかなかなれず、まともな職歴も無いのでずっと非正規雇用なのも自信が持てませんでした。ですが、計算してみると実はパート収入はとても大金で、歳をとったときに体が衰えて働けなくなった時の助けになったり、老後の生活を支える貴重な収入源になるんです。パート代が家計の支えになると知り、自信が持てました。

スポンサーリンク


10年後には840万円、20年後には1680万円に!

月7万円のパート代は1年後には84万円に、10年後には840万に、20年後には1680万円にもなるのです!そう考えると大きくないですか?1680万もあれば子どもの教育費や老後資金にも十分賄える金額になりますよね。パート代は、塵もつもれば山となるんですね。

妻のパート代だけで学費や老後資金が賄えることは精神的なゆとりにも繋がりますね。夫の昇給も毎年ある家庭ばかりではないでしょうし、ボーナスも我が家は夏はありませんからパート代がいかに大切な存在か実感しました。今を見るよりも、長期的な視野を持って働くことが大切なんだと実感しました。

たかが7万円されど7万円

パートの収入は決して「たかが7万円」ではないってことがわかりました。将来の生活に大きく貢献できる大切なお金なんですね。
お金の計算をしてみて、10年後、20年後を考えてみるととても大きなお金になることがわかりました。「少ない金額しか稼げないから」という消極的な気持ちから、頑張れば将来が助かるんだ!立派なことなんだ!とプラス思考に変化しました。

今は健康であれば70歳でも、75歳でも働く人が増えています。体が健康なら一生涯現役というスタイルも今は普通になっていますから、30年、40年と働いていけばさらにお金は大きくなっていきますよね。

仕事をすることは自分自身でお金を稼げるという心のゆとりや自信にもつながります。消極的な気持ちで働かなくていいんですよね。一か月単位ではなく長い目で見て、塵もつもれば山となりますから、自信をもって働きましょうね。

非正規で月7万円しかかせげないから・・・と思っていた心が軽くなりました。子供たちの学費は私のパート代から出せるんだ!!という自信にも繋がりますね。これからは胸を張ってお仕事に励んでみようと思います。

関連記事




スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする