お年玉を全額貯金したら18歳までにいくら貯まる?

今年のお正月もお年玉をいただきました。

いただいた金額は二人で28000円。

我が家では、子どものお年玉はすべて貯金しています。

当たり前のように貰っているお金ですが、大変貴重なお金だと思っています。

欲しいものに好きなだけ使ってしまえば一瞬で無くなってしまうけれど、きちんと貯めておけば後々大金となって役に立ってくれます。

18歳までに毎年いただけるとしたら約50万円の大金となります。

これってバカにできない額ですよね。

コツコツ積み重ねていくことで将来の大きな貯金になります。

あのとき貯めて良かった!って思えるときが来るまでありがたく貯めておくのがオススメです。

貯めたお年玉は子どもが結婚する時か、一人暮らしで家を出るときに将来子どもに渡したいと思っています。

お年玉貯金は大金になる

毎年貰えると想定して28000円×18歳までで累計50万4000円になります。

50万ってものすごい大金ですよね。

コツコツ貯めていくことでこんなにも大金になるとは、まさに塵も積もれば山となるといった感じ。

お正月だから、子ども自身がお年玉で欲しいものを買ったとして半分を貯めたとしても25万以上になりますから

多少使ってしまっても貯めておくと将来の資金になりますね。

全部貯めておくのもいいですが、子どもにもお金の使い方を学ばせるいい機会になりますからね。

余裕をもたせて半分でも貯めておくのがいいかもしれません。

備えあれば憂い無し

子どもの入学に伴い必要になってくる学用品などの資金にしてもいいですし、一気にお金がかかる制服代にしてもいいですね。

子どもの成長によりドカンとお金が飛ぶ時に備えておくと助かると思います。

追記

私が育った家では親がお年玉を使ってしまっていたので、子どもの学費に充てるという発想になってしまいました。

親であろうと学費や学用品に使うのは法律的にも駄目なこと、だそうです。

ですが危機的状況で進学できないよりもお年玉を使うなら子どものためになります。有意義な使い方だと思っています。

丸々貯めておいて子どもに渡す

一切手をつけないで、将来子どもが巣だつ時に渡すのが一番良い方法ですね。

お年玉は子どものためにいただいたお金なので子どもにとって役に立つ資金にするのが良いかと思っています。

将来、子どもが資格取得する際の資金にも使えますから貯めておいて絶対損は無いですね!

結婚するときに貯金を渡す

私自身、小さな頃にいただいたお年玉はすべて親が使ってしまってお年玉は貰えなかったんです。

おそらく、学費などに充てたのかもしれないので恨んではいませんが。

浪費家な親だったのでおそらく、学費が足りなかったのかと思います。

私自身、親の負担にならないよう公立の小中高に進学して大学もお金がないから諦めた身なのでつくづくお金は貯めたほうがいいと思います。

それに結婚するときに本当にお金が無かったので少しでも資金があるとないとでは精神的にまったく違います。

私としては子どもが結婚するときか、一人暮らしで家を出ていく時に貯めたお年玉を渡したいなぁと計画しています。

そのためには学費の資金をお年玉から出さないように家計計画して貯金しなければと思っています。

自分と同じようにお金では苦労させたくないなって思います。

まとめ

お年玉は貯金して、子どもの将来に役に立つことに使うか、全額渡すのがオススメ。

全額は無理!って場合でも毎年コツコツ貯めることで大金になるので積み重ねが大切だと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする