見切り品の胡蝶蘭を復活できるか?鉢から出したら根腐れしてた!素焼き鉢と水苔で植え替え

ホームセンターで見つけた胡蝶蘭。見切り品で1500円になっていたので買ってみました。

綺麗な陶器鉢に入っていましたが、水やりのしすぎて根腐れしていたので1500円でも高いなと後から思いました。花が咲いてると値段が高いんですよね。

根腐れがひどい場合は、復活させるためになるべく早くポリポットから抜いて根を整理して植え替えるのが良さそうです。

見切り品の胡蝶蘭を買う

ミディ胡蝶蘭のマミーストライプという種類です。

ココナッツの繊維で鉢が隠してあり、それを取り除き陶器鉢から取り出すと透明のポリポットに入っています。

花茎の根元から消毒したハサミで切り、花瓶にいれ一か月ぐらい楽しみました。

透明のポリポットをハサミで切って取り出すと根っこのあたりがカビ臭く、ほとんど根腐れしていました。

根っこがぐちゃぐちゃに溶けていたので、すべて消毒したハサミで切り取ってから寒さ防止と根の乾燥のため発泡スチロールに入れて一週間保管しました。

根を整理したら根っこはがほとんど無くなってしまい復活できるか不安です。

保湿のため、毎晩メネデール希釈液を葉の両面にスプレーしています。

一週間後にヘゴ板つけにしようかと思ってつけてみましたが、ヘゴ板からカスがボロボロ出て管理が難しい&冬の乾燥が酷く葉が割れてきてしまいました。

そこで管理が簡単な素焼き鉢と水苔植えに変更することにしました。

ニュージーランド産の水苔をネットショップで買い、3号の素焼き鉢に植え替えしました。

グレードが高いほど良い水苔で、胡蝶蘭も喜ぶと思います。ちなみに100均のものは短くてポロポロして胡蝶蘭には向いてませんでした。

素焼き鉢はネットショップで確実に買うのが良さそうです。

水で戻した水苔を絞り丸めて胡蝶蘭の葉を包み、斜めに押し込んでぎゅうぎゅうに詰めています。

ミディ胡蝶蘭なので、3号でぴったりサイズでした。

これでいいのか確実ではありませんが、おそらく大丈夫なはず。

植え替え後は、水苔がカラカラになる一歩手前あたりまで水を控えました。気温が低いので水やりは控えめにしますが、暖かくなってきたら間隔を増やしていこうと思います。

直射日光が苦手なのでレースカーテン越しの明るい日陰で育てます。

葉が黄色く枯れてきた理由

植え替え方法を探しているうちに、一番下の葉が黄色くなってきました。

病気かと思い心配で調べたところ、一番下の葉が黄色くなってカラカラに干からびて落ちるのは胡蝶蘭が栄養を葉から取ったためだそう。

カラカラにしおれて自然におちるまで取らないのが良いそうですが、何も知らず黄色い葉を切り取ってしまいました。

次に黄色くなりはじめたら自然に落ちるまで我慢します。

なにしろ、根っこがなくなった瀕死の状態なので来年は花が咲くかわかりません。根っこを生やすために胡蝶蘭がエネルギーを根に使わなきゃいけないため開花しなそうです。

今年の梅雨あたりで成長して、なんとか枯れないように頑張ってほしいです。

胡蝶蘭の葉っぱと根っこはとてもかわいいので観葉植物として育てていきたいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする