図書館で借りた古本でアレルギーが出る?原因は「紙ダニ」

先日、図書館で借りた本・・・さっそく読むために部屋に置いておきました。

めくるたびに、背中のあたりがぞわっとして(アレルギーが起こるときはだいたい鳥肌立つ

目やに、鼻水、くしゃみ、結膜炎が出て調子が悪い・・・

11冊借りたのですが、部屋に置いておくだけでもくしゃみや鼻水が出てきて・・・

私のアレルギー、「ハウスダスト、ダニ」の症状が出てしまったようです。

原因は、古い本に住む紙ダニや細かい塵が原因。

古本でアレルギーが出る場合は、なるべくなら読まないか、ダニの除去をしたほうがいいですね。

返却するものなので、無くなれば症状が改善するはずです。

まさか本に「ダニ」がいるとは驚きです。

紙ダニとは?

古い本には「紙ダニ」とよばれるダニが住んでいます。種類はセイヨウシミか、チャタテムシ。
チャタテムシは1mm前後の小さくてチョロチョロ動く虫です。

チャタテムシは刺すことも、病気を持ってくることはありません。しかし、ダニアレルギーを持つ方にはアレルギーを引きおこす
可能性があります。チャタテムシはどこにでもいるダニなので、あまり過敏にならないでもいいのですがお部屋は適度にお掃除をしておきましょう。

古本の掃除

完全な掃除は不可能ですが、可能な範囲で掃除してください。

①陽に晒して殺虫します。
②本棚を掃除・殺虫・消毒します。
③家庭の本棚なら、拭き掃除し乾燥

これだけでも、ぐっと紙ダニを減らすことができます。古本を読んでいて、ダニアレルギーに悩む方は一度本のお掃除をしてみましょう。

紙ダニの予防と対策

衣類用の防虫剤と乾燥材を使って、密閉容器に本と一緒に保管するのがベストです。本は虫食いもでますし、カビが発生しやすいので大切な本なら保管も気を付けたほうがいいですね。

他にも、本とダニ駆除グッズ(ダニをエサで呼び寄せてくっつける系)と一緒にビニル袋に入れて何日か置いときます。

私はそこまで手間をかけて保管できないので、定期的に捨てたり、古本屋に売ったり、電子書籍で買ったりしてダニのアレルゲンを減らしています。

古い本はダニアレルギーさんにはあまりおすすめできないですね・・・。完璧なお掃除も難しいので「減らす」方が一番簡単です。

どうしても本を捨てたくない!!って場合はすべてスキャンして電子書籍化するのがいいかと思います。電子ならダニアレルギーが出ないので本好きでアレルギー持ちなら電子書籍が一番いいですね。

まとめ

ダニアレルギー持ちは、古本はご注意

置いておくだけでダニのアレルゲンが空中に散布されて吸い込むとアレルギー症状がでるので、お気をつけください。

本は新品で買うとか、電子書籍にする。まめに掃除するだけでも改善されたりしますよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする