ダニのアレルギー検査のやり方は?布団乾燥機と掃除機を使ったお掃除方法は?

私はダニアレルギーとハウスダストアレルギー持ちです。

症状は「目がかゆい・鼻がかゆい・ブツブツができる・くしゃみ・鼻水・目やに・アレルギー性結膜炎」といった複数のアレルギーがでる「クラス3(ダニアレルギーの強さは中程度)」のダニアレルギーです。

ダニ・ハウスダストは完治というのは難しいのですが、ダニのアレルギー検査をして自分がどのぐらいダニに対してアレルギーを持っているのか調べておくと対策ができます。

対策としては、ダニはお掃除やアレルゲンの除去が一番効果的です。ダニに対して有効な、布団乾燥機と掃除機を使ったお掃除方法をご紹介します。

ダニのアレルギー検査って?

ダニのアレルギーの検査には耳鼻科、内科、皮膚科等で検査が受けられます。
検査にかかった費用は、アレルギーの診察時に検査したので保険が適用されて3千円でできました。

検査自体は、血液検査ですぐおわりました。検査結果がわかるまで1週間程度待ち、耳鼻科へ診察+結果のお渡しという流れでした。

ダニアレルギーのクラスとは?

管理人のダニアレルギーの検査結果です。結果は、ダニがクラス3、ハウスダストクラス3、杉クラス2でした。

クラスとは強さの割合で、数字が高くなるほど強くなります。

ハウスダストとダニが強いから混ざって、ひどい鼻炎で毎日つらい状態で、特に布団で寝るときに激しいアレルギーの症状が出ます。

ダニとハウスダストアレルギー対策

結果がわかれば、今後はダニとハウスダストアレルギーの対策ができます。
家庭でもできる対策として、ダニ対応のシーツに変える、毎日のおそうじ、掃除機がけなどが効果があります。

対策として3つ行っています。

①布団は週1で布団乾燥機にかけてから、掃除機でダニを吸い取る
②3日に一回は、布団に掃除機がけしてダニの死骸やハウスダストを取る
③防ダニシーツをかける

秋ごろまでダニが活発になるので、死骸が布団にたまる掃除機掛けをして布団の死骸を吸い取っています。
毛布やタオルケット、シーツは週1回丸洗いしています。ダニの死骸は水溶性なので、丸洗いするとくしゃみや鼻水が減るので効果的です。

ダニアレルギー持ちの布団は乾燥機→掃除機→洗濯機で丸洗い→防ダニシーツが最適です。
しっかり対策してダニアレルギーとハウスダストアレルギーとうまく付き合っていきましょう。

防ダニシーツがおすすめ

我が家では防ダニシーツ「ディーガード」を使ってお布団のダニ対策をしています。

使う前は鼻水、くしゃみ、アレルギー性の鼻炎で夜も熟睡できないような状態でした。

以前は、週一回の布団乾燥機でのダニ処理と3日に一回の掃除機がけがかかせませんでした。掃除しないと猛烈な目の痒み、くしゃみに襲われていましたがディーガードの防ダニシーツをつけてすぐに、鼻炎が収まりました

すぐに効果を感じたのが驚きでした。さらに、手入れの手間もぐっと減りました。

現在はディーガードのおかげで、3日に一回の掃除機がけから解放されたうえ、娘のアレルギー症状も出ていません。

↑ディーガード公式HPはこちら

防ダニシーツを使った感想や効果はこちらの記事でご紹介しています。

⇒ダニアレルギー対策は布団が重要!防ダニシーツを使った感想は?効果は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする