保育園の運動会で必要なものリストとやっておいたほうがいいこと


スポンサーリンク

本日は娘の保育園の運動会でした。

10月半ばで肌寒かったものの無事に終えられて一安心しております。

あんなに小さかった赤ちゃんだった娘が成長し運動会でかけっこやダンスをしている姿を見て涙が出てしまいました。

記念すべき初めての運動会。親も初めての運動会です。私ははじめての運動会であれ持っておけば良かったな、とかこうしておけばもっと良く写真が撮れたなーと反省点が多かったです。

準備してたほうがいいものは「ビデオカメラ」「一眼レフ」と「できれば三脚」「レジャーシート」「暖かい上着」「カメラの連写機能を覚えておく」

ことです。

必要な物は?

一眼レフ(望遠レンズ)

ビデオカメラ

三脚

防寒のための上着

レジャーシート

が運動会の撮影にはあったほうがいい物です。寒かったので上着は用意しておきましょう。疲れた時に座るレジャーシートも一枚はあったほうが便利です。

今回、私は三脚無しで撮影に参戦しましたがやっぱり三脚はあったほうがいいです。

一眼レフに望遠レンズを装置して撮影したのですがカメラが地味に重い…

三脚で取ると動画もブレないし、撮影もぐっと楽になります。

運動会は二時間はかかるので三脚があったほうがいいなぁと思いました。

ビデオカメラもあったほうが動画がとれるので思い出になります。

HDMI接続コードがあればでテレビと繋げて大画面で動画を見られるのでお勧めです。HDMIコードは100均や家電量販店で売ってます♪と自宅でも我が子の姿を楽しめるのでビデオカメラと接続するためのコードも用意しておきましょう。

私が一眼レフで静止画を撮り、主人がビデオカメラで動画撮影して挑みました。

カメラはNikonのD5300を使用しました。

自宅のテレビで動画を見ると見逃してしまったシーンも繰り返し見られるので本当におすすめです。

望遠レンズ

運動会では保護者から子どもの距離があるので望遠レンズがあったほうが良く撮れます

標準レンズでも良いのですが遠くにいる子どもに対しては小さくしか撮れないのですが望遠レンズならズームアップして撮影できます。

今回、望遠レンズを用意しておいて本当に良かったです。

とても良い写真がたくさん撮れました。一眼レフはNikonのD5300を使い、望遠レンズも追加で購入しましたが良い写真がたくさんとれて大満足。

撮影方法は、スポーツモードと連写機能、レンズは別売の望遠レンズで運動会の撮影はばっちりです。

カメラの連写モードを覚えておこう

私が失敗したのがカメラの連写モード機能を覚えていなかったこと。

これに尽きます。

連写モードではなく撮っていたので一瞬のタイミングを逃してしまい前半のベストショットを逃してしまったんです。貴重な運動会のワンシーンを逃してしまったので大変悔しいです…

途中で連写モードの必要性に気づいてスマホで連写モードのやり方を調べて対応しましたが。

運動会の写真撮影では連写モードが必須です。

何枚も写真撮影しておかないとベストショットが撮れません。

運動会では子どもの動きが激しいので連写じゃないとキレイな写真が撮れないことに気づきました。

運動会や発表会には、連写モード機能を覚えておいてから挑んだほうがいいですね。

連写モードで撮影してからは良い写真がいくつか撮れたので良かったです。

D5300の連写機能は「レリーズモード」と呼ばれるものでレリーズモードボタンを押してから設定で高速連続撮影にします。

ボタンの位置は、カメラ本体左横にこのボタンがあります。押してみると設定画面がでますので高速連続撮影に設定してください。

これでシャッターボタンを押している間、可能な限り連続で撮影します。

Nikon D5300連続撮影を極めよ!リレーズモード 高速連続撮影(PCまなぶさんHP)

まとめ

運動会は望遠レンズと連写モードでたくさん写真を撮っておいて後から選別して良い写真を残そう!


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする