アンパンマン大好きな娘がついにプリキュアデビューして胸アツな件


スポンサーリンク

3歳半になった娘ですが、つい先日からプリキュアデビューしたようです。超アンパンマン信者な娘がプリキュアデビューした瞬間をご紹介したいと思います。


スポンサーリンク

突然のプリキュア宣言

日曜日の朝に、プリキュアのアニメをなんとなく見せたところ、じわじわ惹かれていったらしく、「私、プリキュアになる!」といきなりのプリキュア宣言をしました。

娘といえば、生粋のアンパンマン信者なので、プリキュアには興味を持たないだろうと思い込んでいたんですよね。絶対神であるアンパンマンが不動すぎて、プリキュアの入る余地が娘の心にあるのかなって。

1歳ごろに、教えたわけでもないのにいつの間にかあんまんまん!って言い出して、アニメやyoutubeなどを要求するようになり、どんどんアンパンマン信者になった娘。どうして教えてもいないのに覚えるんでしょうね。不思議でならない。小さいアンパンマンの絵を見つけた時には「アンパンマン-!!」って誇らしげに教えてくれたのもいい思い出です。

泣き止まないときには、アンパンマンの歌で泣き止ませたり、親としては神的心の支えでした。アンパンマンの小さいお人形でごっこ遊びが大好きで、いつも持ち歩いていてほほえましかった娘。アンパンマンのおもちゃじゃないと嫌がった娘。もう娘を構成する要素にアンパンマンは重大な役割を担っています。

そんな娘なので、プリキュア宣言をしたときはそれはもうおったまげました。

え?いまなんて言ったの?って再度確認したところ、私はプリキュアのおもちゃがほしい!といきなり要望を伝えてきました。ちょっと心の準備が!なんか成長に感動していいのか、ちょっと赤ちゃんじゃなくなった娘に胸が熱くなったやら、すこしさみしいやらで心中は複雑です。でも、嬉しい、これは喜ぶべきことなんだと思いました。ちょっとお姉ちゃんの階段を登った感じがすごいですね。


スポンサーリンク

プリキュアのおもちゃデビュー

さっそく、こどもの日に義母からプレゼントを買って貰いました。義母には感謝ですね。

「キラキラ プリキュアアラモード まぜまぜ変身!スイーツパクトDX」

アニメに出てくるプリキュアが変身するときに使う、魔法のコンパクトです。私が娘と同じぐらいの女の子だったなら確実に欲しがるやつや・・・!と血を感じました。

色使いが虹色なのがまずかわいい。そして、コンパクトを機動すると、歌が流れましてアニマルスイーツをセットしますと変身ができます。キャラクターに合わせたピンク、黄色、水色、紫、赤の色に合わせて変身シーンが再現できるというプリキュア好きにはたまらない仕様です。

娘はいたく気に入り、5つのアニマルスイーツを何回もセットしてプリキュアになりきっています。スティックでまぜまぜして、ゲームやジュース作り、歌演奏もできます。1歳の息子も便乗して喜んで遊んでおりますよ。こどもの成長ってあっという間なんだなあ、と思ってちょっと胸が熱くなりました。

でも、アンパンマンの精神は心に刻まれているようでアンパンマンもプリキュアも一番大好き!と話していたので、これからもアンパンマン信者であることは変わらないそうです。なんか安心した。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする