一番簡単なお弁当袋の作り方♪裏地なしですぐに作れます【保育園準備】

保育園に通う3歳と1歳のママ、ゆりっくまです。
保育園のお知らせに「体操服の巾着・お弁当袋・コップ袋」を持ってきてくださいとのお手紙が入っていまして、急いで布や紐を購入してきました。入園した時にはすべてそろえたのですが、追加で必要なものもでてきますね。
ズボラで適当、お裁縫は下手っぴな私でも一番簡単なお弁当袋を作れましたのでご紹介しますね。一般的な家庭用の普通のミシンを使っています。お弁当袋は裏地無しなので、すぐに作れますよ。

スポンサーリンク

お弁当袋の材料

「お弁当袋(マチあり)裏地無しver.」の材料です。

〇生地 縦28cm×横54cm 1枚
〇ループ紐 60cm×2本
〇紐通し(なければ安全ピンでもできます)
〇アイロン
〇アイロン台
〇ミシン、チャコペン、ハサミ

お弁当に合わせて布のサイズは±2cm変化します。今回は保育園児にちょうどいい大きさで作りました。お弁当に合わせてちょうどいい大きさを決めましょう。では、スタート!

①ジグザグミシン

ほつれ防止のため、ジグザグミシンで青いラインをぐる~と一周縫いましょう。

②端を縫う

生地を中表に折り、お弁当袋の横になる部分を縫っていきます。(中表とは?布の裏側を表にすること)


生地は裏側が見えるように半分に折って端と端二か所を縫います。返し縫いをはじめと終わりにして強度をアップさせています。

③マチを作ります

底になる角を三角におりましょう。アイロンで癖をつけておくときれいにマチがつくれます。
縦5cm横(赤いライン)が10cmの長さで直線縫いします。はじめと終わりに返し縫いをして強度をあげました。

④紐通しを作ります
2枚の布を中表に合わせ上から7cm、縫い代1cmでアイロンで縫い代を割ります。この7cmあけた部分が紐通し口になります。赤いラインをミシンで縫っていきましょう。

⑤紐の通り道を作ります

上から1cm折り曲げてアイロンで型をつけ、まち針で固定します。折り曲げたところの下側を0.5cmでミシンをかけていきます。

⑥紐を通して完成!

ゴム通しがちょうど壊れてしまったので(笑)安全ピンで紐通しします。安全ピンなら紐でもゴムでも通せますよ。安全ピンにこのように紐をくくりつけ紐通し口から交互に2本紐を通します。

じゃじゃん!でっきあがり~!本当に雑なので恥ずかしいのですが一応機能的にも問題なくできあがりました!!

袋物はこのやり方でできる


体操服入れ、コップ入れ、お弁当袋が出来上がりました。すべて、今回のやり方で作りました。

一つ成功してみるとやり方が覚えられるので、コップ袋から始めるといいですよ♪お気に入りの布で簡単にできてしまうので、保育園の準備などに参考にしてみてくださいね♪


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする