子どもの泣き声がつらい時にはどう対処した?【ママも子供も泣いてもいいんだよ】

育児をはじめて、はじめはなにもわからない状態でした。が、子供を産んでいろんなことを経験してくるとだんだんと「泣く」ときには、何か原因があるんじゃないか?と思いはじめてくるんですよね。子供に泣かれると本当に困ってしまいますよね。なにしてもダメな時はこちらまで泣きたくなってしまいますね。泣いているときにどうかしてあげなきゃって思うとママの心の負担になってしまいます。そんな時にどうしたかの対処法をご紹介します。


スポンサーリンク

ママも軽くパニック

泣かれると、どうしたらいいかわからなくなるストレスからイライラすることにも気づきました。親である私が未熟だからということなんですが、軽いパニック状態からイライラしてしまってるのだと思います。簡単に言えば【余裕がない】んでしょうね。他人の子どもが泣いていてもイライラしないのは【他人】だから精神的に余裕があるんですよね。

電車で泣く赤ちゃんみても、私の場合はぜんぜんイライラしないしお母さん気持ちわかるよ~大変だよね!って思えるのに自分の子どもならどうでしょうか。きっと顔は青ざめて冷や汗だらだらでしょうし、なんで?!なんで?ってパニックで余裕なんて生まれないでしょう。

子どもは「泣く」ことが自然で理由なく泣くときも、欲求不満で泣くときもあり、【原因】って子どもにもわからない時が多いんですよね。分かるときには対応できるのですが、ほとんど対応できない場合が私は多いです。

すると、焦るんですよね。なんで泣くんだろう?私が◯◯してあげてないから?って責める気持ちになってくるんですよね。

解消できない=また泣く=責められてる気持ちに変化してしまいました。泣かれる事に対してママが過剰反応するようになってしまったのです。泣くからには必ず原因があると経験から思いこんでしまっていました。嫌なことを解消してほしいから子どもは泣いてるって解釈してしまったんですよね….。

「泣く」ことって、子ども自身もわかってない事もあるんですよね。まだ幼いから感情の処理ができないんです。純粋に泣くことで子ども自身がストレス発散してるんだよって保健士さんから教わりました。泣かれることが【責められてる】気持ちになっていた私にはすごく救われた言葉でした。

「泣いてもいいんだよ」

保育園に入園してから、毎日泣いてしまっている3歳の娘に、先生が「泣いても大丈夫ですよ!私達が受け止めますから」っていってくれてすごく気持ちが落ち着いたんです。心が軽くなったような、追い詰められてしまった気持ちに少し余裕が持てるようになりました。

耳栓をしてみる

100均にある耳栓をしてしのいでました。高声がほどよく遮断されて、冷静になれましたし、これがあるから乗り切れるかな?というクッションになりました。子供の安全を確保して、イヤホンなどの音楽を聴いてみたりもしましたが、子供の大音量の声ってすごい耳に響くんですよね。心が追い詰められてしまったときの、一時しのぎにはよかったです。

五分別室に避難

イライラのピークが超えるときには、私だけ別室に避難してました。一時的に離れることで、子どもに当たらなくてすみました。とにかく、冷静になりたい!ってときには、別室に避難してました。一人で、深呼吸してるとだんだん気持ちが落ち着いてきます。離れることで冷静になるのは、とても大変な事だと思います。

託児サービスの利用

家から近くて託児できるところをすぐ探してみる。お金よりもママと子供の健康や安全の方が大事です。もったいないなんて思わないで必要経費だと思いましょう。誰も頼れずにガマンし続けていくと爆発してしまいます。ママの気持ちに余裕がないと、自分の子供がかわいいなんて思えませんよね。

極論は、時間が解決

もうね、これなんでしょうね。時間が解決してくれるんだろうと。ほんとこれに尽きるのかもしれません。大きくなったらあの時大変だったわぁって思えるのに今が大変なんですよね。ほんと。わかるけど、私は今を生きているから!ってなりますね。

人に話すことの大切さ

ゆりっくまは、限界を超えてしまって調子を崩してしまったのですが、保育園に入れられた今は、とても助かってます。子育て中イライラしたとき、誰かに話せたらな、助けて貰いたいなってずっと思ってました。
私の場合ですが、児童相談所の相談員さんに、悩みを打ち明けました。人に聞いてもらって肩の荷を下ろすことが一番大切なんじゃないかとおもいます。配偶者でも友達でも第三者でも・・・話を聞いてもらって共感してもらうことが、ストレス解消には必要ですね。

市の職員さんは親身に聞いてくれました。真面目すぎるから背負いこんじゃうのかな~無理しなくていいんだよ。って言って貰えて、ありがたかったです。一人っきりの育児は、半端なく大変ですし孤独です。適当なご飯でもいいんですよね。ぜんぶママが抱え込んで一生懸命、やらなくてもいいんですよね。適度に手抜きを上達させて、育児期間を乗り越えましょうね。

関連記事【育児がつらいママへ。自分を責めないで!ストレスの原因と解消法】


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする