子どもの泣き声がつらい!育児がつらい時にはどうする?ママも子供も泣いてストレス解消

子供に泣かれると本当に困ってしまいますよね。

なにしてもダメな時はこちらまで泣きたくなってしまいますね。

泣いているときにどうかしてあげなきゃって思うとママの心の負担になってしまいます。

そんな時には、ママも子供も泣いてもいいんだよと受け入れてみてください。

泣くことでストレスが発散できますし、泣くことは感情表現の一種なので泣いても安心してだいじょうぶですよ。

泣かれるとママはパニック

泣かれると、どうしたらいいかわからなくなるストレスからイライラしてしまいますよね。

どうしていいかわからないから、パニックになって余裕がなくなってしまうこともあります。

電車で泣く赤ちゃんをみても、お母さん気持ちわかるよ~大変だよね!って思えるのに、いざ自分の子どもなら顔は青ざめて冷や汗だらだらでしょうし、なんで?!なんで?ってパニックで余裕なんて生まれないでしょう。

子どもは「泣く」ことが自然です。

理由なく泣くときも、欲求不満で泣くときもあり、原因は子どもにもわからない時が多いんですよね。

理由が分かるときには対応できるのですが、ほとんど対応できない場合が多いです。

すると、焦るんですよね。なんで泣くんだろう?私が◯◯してあげてないから?って責める気持ちになってくるんですよね。

解消できない=また泣く=責められてる気持ちになってしまうことがあります。

こどもがはまだ感情の処理がうまくできないので、泣くことでストレス発散しています。

ママが【責められてる】気持ちになっていら、「このこなりにストレス解消しているんだな」と思ってみてください。

どうしても泣き声がつらいときは、別室に移動して耳栓して一休みしてください。

落ち着いたころに、抱きしめてあげれば大丈夫です。

「泣いてもいいんだよ」

保育園に入園してから、毎日泣いてしまっている3歳の娘に、先生が「泣いても大丈夫ですよ!私達が受け止めますから」っていってくれてすごく気持ちが落ち着いたんです。

心が軽くなったような、追い詰められてしまった気持ちに少し余裕が持てるようになりました。

泣くことは感情表現に必要なことなので、ママはじぶんを追い詰めないでくださいね。

耳栓をしてみるのもあり!

泣き声がどうしてもつらかったとき、100均にある耳栓をして心を落ち着かせてみました。

高声がほどよく遮断されて、冷静になれましたし、乗り切れるかな?と心の保険になりました。

子供の安全を確保しておけばOKです!

心が追い詰められてしまったときは耳栓をして、心を落ち着かせてみてくださいね。

五分別室に避難

イライラのピークが超えるときには、私だけ別室に避難してました。

一時的に離れることで、子どもに当たらなくてすみました。

とにかく、冷静になりたい!ってときには、別室に避難してみてくださいね。一人で、深呼吸してるとだんだん気持ちが落ち着いてきます。

離れることで冷静になるのは、とても大切な事だと思います。

託児サービスの利用

家から近くて託児できるところをすぐ探してみる。

お金よりもママと子供の健康や安全の方が大事です。もったいないなんて思わないで必要経費だと思いましょう。誰も頼れずにガマンし続けていくと爆発してしまいます。

ママの気持ちに余裕がないと、自分の子供がかわいいなんて思えませんから、積極的に利用してみてください。

人に話すこと・愚痴をはくこと

私は限界を超えてしまって調子を崩してしまったのですが、保育園に入れられた今は、とても助かってます。

子育て中イライラしたとき、誰かに話せたらな、助けて貰いたいなってずっと思ってました。

私の場合ですが、児童相談所の相談員さんに、悩みを打ち明けました。

愚痴や悩みを人に聞いてもらって肩の荷を下ろすことが一番大切だとおもいます。

配偶者でも友達でも第三者でも・・・話を聞いてもらって共感してもらうことが、ストレス解消には必要ですね。

真面目すぎるから背負いこんじゃうのかな~無理しなくていいんだよ。って言って貰えて、ありがたかったです。

一人っきりの育児は、半端なく大変ですし孤独です。

食事は適当なご飯でもいいし、手抜きしてもOKです。

ぜんぶママが抱え込んで一生懸命、やらなくてもいいので適度に手抜きをして、育児を乗り越えましょうね。

関連記事

頑張らない育児。「お母さんはしつけをしないで」読んだ感想

【育児がつらいママへ。自分を責めないで!ストレスの原因と解消法】

パナソニックの食洗機は忙しいママの強い味方!家事を楽に時短できておすすめ!

便利で楽チン!「ルンバ」で毎日のお掃除が楽になりました

「Amazonプライム」は時間がないママにオススメ!家事の時短に大活躍

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする