キレる私をやめたい!大声で泣かれるストレスで物に当たってしまう。キレを治す方法は?ストレス発散のやり方

育児ストレスで悩んでいます。月に1回ぐらいの割合で「子供の大声で泣く声」が非常にストレスに感じ、耐えられなくてパニックになり物に当たってしまいます。

向き合うために私の正直な自分の気持ち、状況、そしてどうしてこうなってしまうのか、心が軽くなる考えについて、キレなくする方法やオススメの本を書き記します。

子供の泣き声でパニックになる

息子の泣き声も大きいのですが3歳の娘の声がものすごく耐えられないほどストレスを感じるのです。

1歳半までいやいや期がなかった娘。それからイヤイヤ期を迎え、癇癪が強くなりました。それまで楽しく楽だった育児がいきなりきつくなりました。

とにかく声が大きくて、気に入らないことがあるととことん泣き、納得するまで泣き止まないのです。

こちらも初めは、一生懸命泣き止ませようとするのですが、癇癪や泣き声が激しいと、私も頭が痛くなってきてしまいます。

なんで泣き止まないのかパニックになり、ストレスが最高潮に達すると物に当たってしまいます。もう限界で誰かに助けてほしくなって、そのあと涙が止まらなくなります。

パニックになる理由

ストレスが強くなるときは毎回「大声で泣かれる」事がきっかけでした。

ずっと大声で泣く声を聞くと頭がおかしくなりそうになります。我慢しても耐えられなくなってパニックを起こしてしまいます。

どうにかして泣き止んでほしくなって、物に当たってしまいます。

本当に最低だと思っていますが、ストレスでいっぱいいっぱいになっているときに大声や泣き声を聞くとパニックを起こしている状態です。

実家も頼れないし、一人で子供を見なきゃいけないので、ワンオペ育児というのがおもっていたよりも重圧です。

逃げたくなります。本気で苦しくなったり・・・。

怒鳴られて育った結果

どうしてこんなに声がストレスなのか、考えてみました。

勉強ができない事で、いつも父親に怒鳴られて育ったせいで自分も怒鳴る事で感情を爆発させるようになってしまったんだと思います。

父はすぐ怒鳴る、否定する、努力を認めない人です。モラハラですぐ怒鳴る父親だったので思春期にはよくケンカ(流血含む)していました。

歳をとってだいぶ丸くなったので、いまは怒鳴り散らすことはないけど、後遺症がいまだに残っています。

怒鳴られて育ったから子供にもそうしてしまうとしたら、本当に悔しいです。

怒鳴るのをやめよう!キレるのをやめたい!と、頭の中で考えていることとやっていることが違う自分に怒りが湧いてきます

このままではいけないので対策を考えてみました。

キレる私をやめたいを読んで、対策を考える


キレる私をやめたい ~夫をグーで殴る妻をやめるまで~ (バンブーコミックス エッセイセレクション)

キレることに悩んだ時に購入した、田房永子さんの本です。主人公の思考や行動があまりにも自分と似ていて共感しました。

そして私だってキレるのが治るかもと勇気づけられたんです。
自分の心が傷だらけになったとき、キレるという行動に走ってしまう。

自分の心と向き合うことが自信を癒してくれると田房さんは説明しています。レビューはこちらの記事に書いています。
田房永子さんのキレる私をやめたいを読んだ感想は?育児のストレスの原因は?

育児を手抜きしてみる

お母さんはしつけを手抜きしてもいいよ!という内容の「お母さんはしつけをしないで」を読んでみました。

こちらの記事で詳しく感想を書いています↓

頑張らない育児。「お母さんはしつけをしないで」読んだ感想

読んで、固くなっていた心がほっと安心してすごく心が楽になりました。育児中のママにぜひ読んでもらいたい一冊です。

育児は手抜きしてもまったく問題ないので、うまく手抜きしてストレスを減らしてみてくださいね。

経験を積む・自己肯定感を上げる

育児に悩み児童相談所に相談してみましたが、「一生懸命やっているから大丈夫だよ」と言われます。

夫にも「みんな完璧じゃないから大丈夫だよ。殴ったり怪我してないならいい。」って言われました。

以前より変わったことは、子供に対して諭すように叱るようになれた事です。今回のような失敗もしますが、ただ感情をぶつけるだけの怒り方より進歩してると思いたい。

乗り越える、やりすごす、自己肯定感を上げる経験を積むことで自信につながりそうです。

ストレスをためない

ブログを書いて、自分の気持ちと向き合うことで心が落ち着き冷静になれます。

後から見直したときにも、自分はこう思っていたんだ。と客観的になれます。

ブログという存在に自分自身が救われています。ブログを書くことが心にアクセスしているのだと思います。田房さんの本で書かれていた「自分の心と向き合う」ことが癒しにつながる意味がわかります。

ブログでアウトプットして外に放出してあげることで、気持ちが消化されていくんですね。

悩んでいる時こそ、人に打ち明けて話すことで感情が消化されていきます。

みなさんも、つらい時には愚痴って発散させましょう。

「あなたはよくがんばっているね!」

「母は悩み、そしてそのたびに強くなっていく」と、コメントを頂いたことがあります。今が完璧じゃなくてもいいんだと思えて、すごく心が軽くなります。

物にあたってしまうことも、自己嫌悪と後悔で押しつぶされそうですが、自分をほめることが心の栄養になって自信がついて心が健全化していくと思います。

みなさんも、キレるのをやめたい!と思った時には、まずは自分を褒めてあげてください。

「あなたはよくがんばっているね!」

こちらのブログに愚痴を書いてもOKです。みなさんも、つらいときは人に相談したり、愚痴ったり発散させてみてくださいね。

関連記事

頑張らない育児。「お母さんはしつけをしないで」読んだ感想

子どもの泣き声がつらい!育児がつらい時にはどうする?ママも子供も泣いてストレス解消

育児がつらいママへ。自分を責めないで!ストレスの原因と解消法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする