4歳はじめての虫歯治療!少しづつ慣らして虫歯を治しました

4歳になった娘。1か月前、保育園での歯の定期検診にて虫歯があることが

発覚しました。3歳の娘に虫歯ができてショック!これからの予防策について

虫歯がわかってすぐに歯医者を予約して3回通い、虫歯を治療しました。

いきなり削るのではなく、少しづつ慣らしていき恐怖心を無くして治療してくれたので

3回で終わることができてほっとしました。

歯みがきを丁寧にやることや、フッ素うがい、デンタルフロスの使用、歯の定期健診

がとても大切だと思いました。

これからも虫歯予防を気を付けていきたいと思っています。

1回目は慣らし

初めての歯科治療。娘は歯医者というものが怖いものだとわかっていて

こわいからやだーと怯えていました。

なので初めの1回目は口に歯磨きブラシを入れて「痛くないよ」って安心させるために

歯医者さんとお話ししたり、虫歯の進行を遅らせる薬を塗ったりして

痛くない治療をしました。

口を開けることすら拒否しちゃう子どもさんもいるようなのでまずは口を見せてあーんできたことをたくさん褒めました。

2回目は歯にお薬を塗布

この日もまずは口を開ける練習。奥歯の一か所は初期の虫歯だったようで虫歯を治すお薬を

奥歯にちょんちょんっとつけただけ。

前歯の裏側を削る治療は娘が抵抗。

暴れると器具で口を切ってしまう可能性があるのでしたので断念しました。

なので前歯の裏側には薬をぬって固めてかぶせものをして虫歯を封じ込める治療をしました。

かぶせものをしてる間は虫歯は進行しないらしいので一安心。

3回目は茶渋取り

前歯の横の歯が一部茶色くなってしまっていたので清掃のため機械を使って茶渋取りをしてくれました。

歯医者さんも娘を怖がらせないためにまずはお話しからはじめて

「このブラシを歯にあてて汚れを取るけど痛くないからね」

とブラシをまず娘の手に当ててみて、痛くないことを一旦確認させてから(笑

歯の茶渋をとったので歯が綺麗になりました。

歯みがきでは落ちない汚れだそうで、歯医者さんで綺麗にしてもらって本当によかったです。

これで虫歯の治療は終わりました。

これからも虫歯ケアを継続

クリニカ歯磨きのような高密度フッ素配合の歯磨き粉をつかって、親が仕上げ磨き。

歯の裏側は特に磨き残ししやすいのでよく磨く。

デンタルフロスも「歯と歯の隙間がほとんどない」娘にとっては必須です。

だいぶ慣れてきてくれたのでデンタルフロスも嫌がらずできるようになりました。

前歯の横の歯がまったく隙間がないのでフロスをやらないとまた虫歯になってしまう可能性が高いため、娘のフロスは毎晩の日課になりました。

虫歯予防に使えるお薬!う蝕予防フッ化物洗口剤の使い方は?

仕上げにフッ素配合のうがい薬でフィニッシュです。

歯科検診が大切

これでかなり虫歯予防にはなっているかと思いますが、歯科検診を定期的に受ける事も大切ですね。

毎日のケア+検診で少しでも虫歯にならないように努めたいと思います。

関連記事

歳の娘に虫歯ができてショック!これからの予防策について

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする