2歳の子どもの下痢の原因は消化不良。食べ物は?

月曜日から金曜日まで2歳の息子の下痢が止まりません。

症状は下痢のみで熱も、吐き気も、食欲もあり元気いっぱい。

1日に5回以上下痢するので小児科を受診したところ「消化不良」とのこと。

念のため保育園もお休みさせて自宅で安静にしていましたが元気いっぱい部屋を駆け回っていました。

さらに4日経ちましたがやはり下痢が止まらず二度目の小児科を受診。

やっぱり熱もないし、吐くこともなく
元気いっぱい、食欲ありなので病気ではないでしょうとのことで
 
原因は消化不良でした。
 
整腸剤が処方されましたので、いつも通りに生活させます。
充分休んで次の月曜日からは元気そうなら保育園再開させようかと思います。

下痢が止まらない

 
食欲もあり、元気ありすぎるぐらい遊び回っているのに下痢が1日に5回以上出てしまいました。
 
体力等も問題なく、上のお姉ちゃんと仲良く遊んだり喧嘩したりといつもと体力面でもかわりなかったのですが一回目の小児科受診しました。
 
その日も「熱もない、吐き気もないし食欲もあるのでウイルス等の可能性は低いので消化不良」との診断でした。
 
整腸剤のみいただき、自宅で休ませ保育園はしばらくお休みさせました。
 
下痢のときの食べ物は乳製品などを避けて消化の良いものを控えめに食べて、食欲がなければ無理に食べる必要はありません。
下痢のときには水分補給がなによりも一番大切です。
 

ポカリスエット粉末が便利

 
整腸剤そのままだと飲めないかなーと思ってポカリスエット粉末と水に混ぜて飲ませました。
 
苦い薬を飲ませるときにポカリスエットの粉末が重宝してます。

 
これにいれると確実に飲んでくれます。
 
うちではジュースはほとんど飲ませていなくてお水しか出てこないのでジュース効果は高いです。
薬だとほとんど気付かず喜んで飲んでくれます。笑
 
液体と違って粉末なので好きな量に調整できて保存もきくので常備しておくと病気のとき便利です。
 

下痢のときの食べ物

 
下痢のときは食べられるようになったら柔らかい消化の良い食品を食べましょう。
子どもの場合は少量で栄養価の高いものを選びます。大人の場合は消化の良いものを食べやすく調理します。
 
下痢のときに食べていいものさけたほうがよいものをまとめましたので食事の参考にしてください。
 

何を食べるか便と相談

 
●便が水のようなときは、水分を中心に
●便がドロドロのときは、ドロドロの食べ物を
●便が柔らかいときは、柔らかい食べ物を
 
を目安にして食事を調整しましょう。
 

水のような便のときは?

 
アクアライト、ポカリスエット(常温)、番茶、味噌汁、おもゆ、くず湯、リンゴのすりおろし
 

ドロドロの便のときは?

 
豆腐(煮たもの)、くず湯、ウエハース、パンがゆ、人参やかぼちゃの煮つぶし、白がゆ、煮込みうどん
 

やわらかい便のときは?

 
おかゆ、うどん、卵、とりささみ、白身魚の煮付け、茶碗蒸し、豆腐の卵とじ、クリーム煮
 

さけたほうがいいものは?

 
乳製品(牛乳、ヨーグルト、プリン、カルピスなど)、牛乳を含んだビスケット類、バナナ、油っこいもの、揚げ物(フライドチキン、スナック菓子、ドーナツなど)、甘味の強いお菓子、炭酸飲料、ラーメン、赤飯、かりんとう、ケーキ、せんべい、コーヒー、みかん、アイスクリーム、脂肪の多い魚、肉、小豆、大豆、繊維の多い野菜(ごぼう、れんこん、ふき)
 
乳製品はしばらく控えるようにとお医者さんから注意されました。
 
下痢はなるべく止めず、出しきるほうが治りが早いので無理に下痢止めをしなくても大丈夫。
 

水分補給をしよう

 
水分補給が一番大切です。水分を多く飲むから水っぽい便になるのではなく、下痢で水分が失われるので水分補給が必要です。
 
一度に飲むと吐いてしまうことがあるので少しづつゆっくりと飲んでください。
ただし、乳製品やジュース、冷たいものは避けてください。冷たくない麦茶、ウーロン茶、お茶がいいですね。
 
栄養のことは気にしないで食欲がないときに無理に食べる必要はありません。食欲があってもむしろ控えめにして腸を休ませてあげましょう。
料理はよく火を通してください。
 

まとめ

 
乳製品は控えて、消化の良い煮込みうどんなどを食べさせて、水分補給をしっかりして治そうと思います。
 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする