理想の二重になれる全切開手術の腫れはどんな感じ?いつ腫れはおさまる?当日から1年後までの経過写真

2017年3月に右目のみ全切開二重手術という整形手術を受けました。

全切開二重手術を受けてからどのぐらい腫れたのか、腫れはいつ引いたのか、詳細な経過写真をまとめました。

このページには手術後の傷跡の写真が大量にあるので、血が苦手な方は気をつけてください。

手術後の経過写真

当日

手術してから直後に撮った写真です。局部麻酔の影響でパンパンに腫れています。

縫い目が生々しい!

1日目

真っ赤に腫れています。痛み止めや化膿止めを飲んでいます。じーんと痛むけどものすごく痛いわけじゃない感じです。

2日目

縫い目が食い込んでるー!全体的に真っ赤。

3日目

思いっきり怪我したらこうなるのかなーという目してますね。最高に腫れてます。

真っ赤かつ充血が半端ない

4日目

最高レベルの腫れ!内出血が下に下がって青紫色に変化しました。

5日目

白目と同じ幅ぐらい腫れていますね。

6日目

内出血がすこし薄くなってきた!

7日目

抜糸しました。ひきつった感じがほぐれてちょっとすっきり!

9日目

内出血はコンシーラーで隠れるぐらいになりました。目は完全に腫れてますが(笑

10日目

化粧無し

化粧してみたバージョン。まだまだ腫れてますが、内出血はコンシーラーなどで隠してました

11日目

手術した場所が薄い紫色に変色しているのでブラウン系のアイシャドウで隠してます

14日目

内出血は完全に治りました。目が腫れてるせいでまぶたが変な感じがします。

16日目

腫れのせいでうまく化粧ができません(笑

17日目

手術した場所が赤い線が見えます。

18日目

19日目

24日目

1か月

2か月

11か月

1年後

幅がだいぶ狭くなりました。幅は、最高に腫れていた時の1/3程度だと思います。

美容外科おすすめ医院

ガーデンクリニック

ガーデンクリニックでは 二重、目、鼻、輪郭のプチ整形を行っています。

クイック二重まぶた手術なら20,000円~からできて、しかも診療時間5~15分程度で終わるのですぐに二重を手に入れることができますね。

ガーデンクリニックでは、初めての来店から手術後のアフターケアまで、プロフェッショナルなスタッフが完全サポートしてくれるので安心ですね。

池袋・品川・横浜・名古屋・大阪・福岡など 全国展開しているのでカウンセリングが受けやすいです。

ガーデンクリニック公式HP

東京美容外科

「東京美容外科」の人気の施術は目・鼻・胸で、切らない・施術が短時間・トライアル価格がある人気の埋没法や、全切開二重手術などが受けられます。

「東京美容外科」では低価格クリニックと違い、一定の経験を持つ信頼できる医師だけを採用しているので料金が明確で費用面の不安が少ないのが特徴です。

手術内容、仕上がりイメージ、術後リスク、費用など、納得のゆくまで丁寧に説明してくれます。
美容先進国の韓国の最新技術導入をしたり、経験豊富なドクターを招き、定期的に技術講習会を開催しているので技術力も非常に高いです。

クイック二重手術の埋没法、しっかりした二重が作れる切開法、目を大きく見せられる目頭切開など、目のお悩みには一度カウンセリングからはじめてみてくださいね。

東京美容外科公式HP

東京ヒルズクリニック

『メザイクやアイプチを卒業したい…』『目を少しでも大きくしたい!』『くっきり二重になりたい』など、目やまぶたに対する悩みは千差万別です。

「東京ヒルズクリニック」では、一人ひとりの「こうなりたい」という要望や悩みを丁寧にヒアリングすることから始めてくれます。

そのうえで、仕上がり具合や回復までの時間などを考慮して、ベストな施術をおすすめしてくれます。

キレイで自然な二重やぱっちりした大きな目もとなどの手術をしたいという方は、一度カウンセリングしてみてくださいね。

東京ヒルズクリニック公式HP

片目づつ手術したメリット

片目のみ全切開二重手術するとバランスが合わないリスクもありますが片目づつ眼帯で隠せるというメリットもあります。

貼る眼帯が便利そうなので、これで1週間乗り切ってみようと思っています!

   

関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする