糖質制限ダイエットを続けて10か月後の体重公開!努力しないで維持できる

2017年の2月から一日3食のうちの2食を、「糖質制限ダイエット」(炭水化物を制限する)

をはじめました。

それから早いもので10か月が経ちました。

で公開した通り、糖質制限ダイエットする前は身長155cmの52.3kgの産後太り体形でした。

数字で見ると普通っぽく見えますが身長が低いのと、産後太りなのでお腹とふともも、そして顔にたっぷりお肉がついた状態でした。

妊娠中はとにかく甘い物が食べたくて菓子パンや白ごはんなどをがっつく始末。母乳育児で痩せるかと思ったら食欲のリミッターが外れたせいで体重が増えて、乳腺炎になって苦しんだりしていました。

一日3食の米を無くすだけで、するするっと一か月に1キロペースで体重が落ちていきました。

そして10か月後の体重は前回とほぼ同じ46.5キロでした。なんの努力も運動もしていないのにキープできています。

体重公開

2017年11月現在の体重を計ってみました。

みかんやリンゴが美味しい季節なので、糖質制限ダイエットしてるくせにけっこう食べちゃってるので太ってるかなーと思いきやほとんど体重変わらず。

ちょっと痩せすぎかもしれない。見た目は普通な感じです。痩せすぎてもいないし太っても見えない健康的な見た目。

155cmの46.5キロでした。

体脂肪率は26.2%の標準。

BMIは19.2。

肥満度の判定基準を見ると特に痩せすぎって感じもしないのでいい感じです。

努力なし米なしダイエット

ダイエットはつらいもの、だと思っていました。ですが糖質制限ダイエットに関していえば「米や糖質」に対しての欲望を断つ努力が必要だと思いました。

糖質への欲求がある程度収まってくると慣れてきちゃうんですよね。今はむしろ米をたべると体がずーんっと重くなる感じがします。胃が重くなる感じ。

食後の眠気も強くなるので米が無いほうが体が快適なんですよね。そのかわり、大豆製品、豆腐、肉、野菜、魚、納豆、豆乳、フルーツ、たんぱく質系をがっつりたくさん食べます!!

米の代わりになる糖質の少ないものを1品増やして栄養価をアップさせます。

適度に糖質をとり、オイルに気を付ける

ただ糖質を減らすだけでは栄養不足になり、脂肪を蓄える「飢餓モード」に入りかえって太ってしまいます。

糖質制限ダイエットをするなら+1~2品人より多く食べるように心がけてください。

糖質制限ダイエットで、手軽に簡単に作れる料理は?

私は最近、マヨネーズや揚げ物などの脂っぽいものが受け付けなくなってしまったので、脂肪をとるかわりにバナナや、さつまいも、じゃがいもなどの野菜やフルーツで糖質を補給しています。

米やパンを控えつつ、魚、大豆製品、野菜、フルーツを積極的に食べて、さらにアレルギーを引き起こす、植物油のかわりに体に良い「オメガ3」オイルをとっています。

つらいかゆみがピタッと止まった!頭のかゆみや抜け毛、ベたつきの原因は植物油!オメガ3オイルやアマニ油をとったらかゆみが治りました

適度な糖質制限がちょうどいい

糖質制限ダイエットは努力なしで痩せを維持できます。

糖尿病ではない健康な方なら、一日1食、米を抜くだけでも十分効果があります。そのかわり、たんぱく質や魚、野菜をたべて適度に糖質制限してみてください。

ゆるーく糖質オフすることで太りくい体になるので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

関連記事

つらい生理の痛みに。糖質制限とMEC食を始めたらPMSがなくなりました

糖質制限をしたら乳腺炎が治りました・食事法や白斑の原因、改善した理由をご紹介

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする